サラセニア・フラバ・ルブリコーポラ(Sarracenia flava var.rubricorpora)

サラセニア・フラバ・ルブリコーポラの画像3(Sarracenia flava var.rubricorpora image3)食虫植物品種
現在のページは約2分で読めます。


サラセニア・フラバ・ルブリコーポラとは

品種名Sarracenia flava var.rubricorpora(サラセニア・フラバ・ルブリコーポラ)
属名サラセニア属
学名Sarracenia flava
栽培難易度簡単
自生地アメリカ合衆国(フロリダ・パンハンドル)

サラセニア・フラバ・ルブリコーポラ(Sarracenia flava var.rubricorpora)とは、サラセニア原種の1つ。

サラセニアフラバの変種は7種が確認されていますが、中でもルブリコーポラの特徴は筒が濃い赤色・内側が黄色、蓋の部分に血管のような脈が入りコントラストが非常に美しいのが特徴。

サラセニア原種最高傑作の美しさといっても過言ではないでしょう。

種類(品種)

サラセニア・フラバ・ルブリコーポラは、バーガンディなど選別種がいくつか存在。

管理人が栽培しているサラセニア・フラバ・ルブリコーポラも選別種の1つで、イギリスのサラセニアコレクター(マイク・キング氏)のフラバコレクションの内の1つ(MK F30)。

サラセニア フラバ ルブリコーポラの画像1(Sarracenia flava var.rubricorpora image1)
Sarracenia flava var.rubricorporaの画像1
サラセニア・フラバ・ルブリコーポラの画像2(Sarracenia flava var.rubricorpora image2)
Sarracenia flava var.rubricorporaの画像2
サラセニア・フラバ・ルブリコーポラの画像3(Sarracenia flava var.rubricorpora image3)
Sarracenia flava var.rubricorporaの画像3

育て方

特に癖のある品種ではないので、一般的な食虫植物の育て方に準じていれば問題ないでしょう。

年中屋外で栽培し、真夏も遮光無しでOK。サラセニアは用土が乾燥すると致命的になるので、水やりを忘れないよう気を付けます(腰水栽培でも可)

用土は管理人はピートモスを使っていますが、水苔やベラボンでも良いと思います。

日照は十分に当てます。日照の量が足らないと赤・黄のコントラストが出ないので注意。

情報提供、雑談等