ネペンテス・ベントリコーサ(ウツボカズラ属)

ネペンテス・ベントリコーサの画像1食虫植物品種
現在のページは約1分で読めます。


ネペンテス・ベントリコーサ(Nepenthes ventricosa)とは

品種名ネペンテス・ベントリコーサ(Nepenthes ventricosa)
属名ウツボカズラ属
学名
栽培難易度普通
自生地Philippines (Luzon, Panay, Sibuyan)
標高1000–2000m付近

ネペンテス・ベントリコーサ(Nepenthes ventricosa)とは、フィリピンに自生しているウツボカズラ原種の1つ。日本では第二次世界大戦前より導入されているようです。

特徴

ネペンテス・ベントリコーサ(Nepenthes ventricosa)は、斑点系、レッド系、クリーム色など、バリエーションに富んでおり、特に在来系と呼ばれる種は捕虫袋がクリーム色で綺麗なので、ウツボカズラの中でも人気が非常に高い。

昔は安くで購入できたみたいですが、業者が廃業したことにより、現在では数万の高値で売買。

育て方

一般的な食虫植物の育て方に準じていれば問題ないでしょう。

ネペンテス・ベントリコーサの画像

ネペンテス・ベントリコーサの在来系(クリーム色)

ネペンテス ベントリコーサ
ネペンテス・ベントリコーサの画像2

情報提供、雑談等