ハエトリソウ・ハエトリグサ(種類・育て方)

ハエトリソウ・捕虫葉(赤)食虫植物品種
現在のページは約8分で読めます。


ハエトリソウ・ハエトリグサ(Dionaea muscipula)とは

品種名ハエトリソウ・ハエトリグサ(Dionaea muscipula)
属名ハエトリグサ属
学名Dionaea muscipula
栽培難易度普通~難
自生地北アメリカ
その他ワシントン条約の附属書II類に指定

ハエトリソウ(ハエトリグサ)(Dionaea muscipula)とは、北アメリカに自生しているトラップ式の食虫植物。別名「ハエジゴク」とも呼ばれています。

食虫植物の中でリアルタイムで動く(捕虫葉が閉じる際)ことが可能であり、ホームセンターでよく見かけますので、ウツボカズラと同じぐらいの人気・知名度を誇っている食虫植物となります。

栽培難易度

ハエトリソウ(ハエトリグサ) の栽培難易度は普通程度ですが、入門者は誤って捕虫葉をいじりまくって枯らすことがあります。その為、初めて育てた人にとっては体感難易度はかなり難しいと感じることでしょう。

捕虫葉の仕組み

ハエトリソウ(ハエトリグサ) は、葉がロゼット状に展開するロゼット型と、葉が立ち上がる系統のエレクタ型が存在。

ハエトリソウ(ハエトリグサ)は捕虫葉の内部は薄い小さな毛(センサー)がいくつか存在しており、2回刺激が加わると0.5秒という驚異的なスピードで葉が閉じます。元気のない個体や古株の場合は閉じるスピードが遅くなります。

購入方法(販売店)

ハエトリソウ(ハエトリグサ)は大量生産されているため、春~夏にかけてホームセンターや一般の園芸店で販売されています。食虫植物にあまり興味がない人でも1度は見かけたことあるでしょう。

インターネットですと、ヤフオク・楽天・食虫植物専門店などで購入可能。

育て方・栽培方法

ハエトリソウ(ハエトリグサ)の育て方。ハエトリソウはサラセニアと異なり根が脆くて弱弱しいです。根のトラブルになって調子を崩すとなかなか回復せず最悪枯れますので、真夏の管理は特に気を付けましょう。

季節(春・夏・秋・冬)

春、秋は特に問題ありません。

夏は、寒冷紗等で30~50%遮光or午前中だけ日が当たる場所に置きます。昔の真夏はそこまで厳しくなかったので、遮光なしでも問題ないですが、最近の真夏は35度(日によっては40度)を超える猛暑日が連日続きますので少し危険ですね。連日の猛暑で無駄にハエトリソウの体力を消耗させてもメリットはないので、夏に関しては育てるというより、ハエトリソウを休ませるという意識で接してやれば、調子を崩さずに上手く育てられると思います。

冬は寒くなったら休眠して捕虫葉等は枯れますが、本体の株は生きてますので、用土は乾燥しないように気を付けます。きちんと休眠させないと翌年の成長に支障をきたすので、家に入れて加温させないよう注意。

春になると捕虫葉が展開するようになります。

用土

生水苔or乾燥水苔がおすすめ。生水苔はその辺のホームセンターや園芸店ではまず入手不可能ですので、ヤフオク、Amazon、楽天等で購入するのが楽です。

水やり(潅水)

ハエトリソウ(ハエトリグサ)は毎日水やりをする必要はなく、表面の用土が少し乾いたら、上からたっぷり水やりを行います(鉢底から4秒ぐらい流れるまで)。用土がピートモスや水苔の場合は、乾きすぎると水を弾くので要注意。

仕事等で潅水をするのが面倒な人は、腰水にすれば管理が楽になります。なお、古い水をいつまでも放置しておくのは汚いので、腰水にする場合は毎日水を替えたほうが清潔で良いでしょう。

注意点としては真夏の日中に腰水をすると、温度が上昇してお湯になり根にダメージを与え、調子を崩すことがあります。朝か夕方に水やりをすれば根にダメージを与えるリスクが減ります。

肥料

人為的に与える必要はありません。屋外に置いておけば勝手に捕虫します。

捕虫葉は触らない

捕虫葉を何度もいじって閉じさせると大量のエネルギーを消耗し寿命を縮めます。元気な株ならちょっといじったぐらいでは枯れはしませんが、空運動をさせてもメリットはないので、あまり触らないようにしましょう。

種類(品種)

ハエトリソウは通常種に加えてかなりの品種が存在。業者が勝手に名前を付けたような訳の分からない品種も混ざってます。

品種名を偽り、人気種と謳って高額で売りつける業者も存在するみたいですので、信頼できるお店や個人から購入しましょう。

捕虫葉

ハエトリソウの捕虫葉。ロゼット型で内部が赤味を帯びるタイプは見た目が綺麗なので、特に人気が高いですね。

ハエトリソウの捕虫葉
ハエトリソウ・捕虫葉(赤)

花(開花)

ハエトリソウの開花。開花するとエネルギーを消耗するので、花が見たいなど特別な理由がなければ、開花前に茎部分を清潔なハサミ等で切除して構いません。

ハエトリソウの開花

ハエトリソウ(通常種)

ハエトリソウの通常種。ロゼット型に展開するタイプと、エレクタタイプ(葉が立ち上がる)が存在。ホームセンター等で販売されているタイプは大体これです。

ハエトリソウ
エレクタ型
ハエトリソウ・ロゼットの画像1
ロゼット型

ビッグマウス

ハエトリソウで大きくなるタイプ。ロゼットタイプの捕虫葉より約1.5倍~の大きさになるタイプです。ロゼット型で最も大きくなる系統はビッグマウス以外にないと言われています。

ハエトリソウ(ビッグマウス)

B52

ハエトリソウで最も大きくなると謳われているタイプ。捕虫葉は最大5cmまでいけると噂がありますが、5cm以上は見たことがないので真相は分からないですね。

ハエトリソウ・B52

カップトラップ

名前の通り捕虫葉がカップのように円形になります。

ハエトリソウ カップトラップ1
カップトラップ
ハエトリソウ・カップトラップ2
カップトラップの捕虫葉

ホエール(Whale)

名前の通り捕虫葉がクジラの髭に似ています。あまり出回ってないレア品種。虫を取る気のない形状に見えますが、捕獲してるのを何度か見てますので機能上は問題ないのでしょう。

ハエトリソウ・ホエール1
ホエール(Whale)
ハエトリソウ・ホエール2
ホエール(Whale)の捕虫葉

京都レッド

ハエトリソウの赤系品種。赤系統のロゼットタイプであまり出回ってないレア品種。

ハエトリソウ(京都レッド)

ピンクビーナス

ハエトリソウの赤系品種。京都レッドと同様にロゼット型。赤系統品種でロゼット型に展開するタイプは京都レッドとピンクビーナスの2種と言われてます。

ハエトリソウ・ピンクビーナス1
ピンクビーナス
ハエトリソウ・ピンクビーナス2
ピンクビーナスの捕虫葉

赤い龍

ハエトリソウの赤系品種で大型のエレクタ型。

ハエトリソウ(赤い龍1)
ハエトリソウ(赤い龍2)

レッドピラニア

ハエトリソウのデンタータと赤い龍の組み合わせで作られた名品。ピラニアのように鋭いギザギザが特徴。

レッドピラニア全体
レッドピラニア
ハエトリソウ(レッドピラニア1)
ハエトリソウ(レッドピラニア2)

ロイヤルレッド

ハエトリソウの赤系統の品種

ハエトリソウ ロイヤルレッド1

ラベル不明

ロゼット型でかなり赤く染まるタイプなので、京都レッド?のような感じもしますが不明。

京都レッド?
京都レッドの捕虫葉?

おすすめのハエトリソウ

でかいサイズなら、ビッグマウスやB52が良いと思います。価格もお手頃なので簡単に入手できます。赤系統品種なら赤い龍辺りがいいと思います。

枯れる、元気がない場合

ハエトリソウを購入したけどすぐ枯れてしまった、株が縮小していつのまにか消滅していたことのある人は結構多いかと思われます。Amazonとかのレビューを見てもすぐハエトリソウが枯れたという口コミが多いです。

当サイトにもご相談が寄せられるので参考程度に対処法を書いておきます。なお、ハエトリソウは個体差がありますので、ご自身の栽培している個体に合わせて栽培環境は適宜変えていきましょう。

真夏の置き場所

真夏に購入してハエトリソウがすぐ枯れるパターンですが、これは置き場所を誤ってるケースが多いです。

置き場所ですが、コンクリートの上に鉢を直接置くのは止めます。真夏のコンクリートの表面温度は50度は超えてますので、その上に鉢を直接置いたら、ハエトリソウはたまったものじゃないですね。対処法は100円ショップやホームセンターに売っている人工芝やポットフィートをかませるのが有効。

室外機の周辺も暑くなるので、ベランダのスペースがもったいないからと近くに置くのは止めたほうがいいです。

この置き場所というのは、入門者の方は結構陥りやすいミスなので気をつけましょう。

鉢の色

購入した時点でのハエトリソウは大抵黒色のポリポット(またはプラ鉢)に植えられてますが、これが少し厄介です。黒色は太陽熱を吸収しますので、真夏は尋常じゃないほど鉢が熱くなり、ハエトリソウに負担がかかります。

真夏に空鉢の白色、グレー、黒を置いて比較してみましたが、白色は問題なく、黒色は熱くて一瞬持てなかったですね。

なので、購入したらすぐに植え替えと言いたいところですが、植え替え自体が植物に相当負担がかかりますし、入門者の方が植え替えをした場合、誤って根を多く切ってしまうことも考えられます。真夏の植え替えは控えて、寒冷紗で遮光か午前中だけ日が当たる場所に置くのが楽です。

すぐ枯れる(まとめ)

なので、個人的にハエトリソウを購入してすぐ枯れてしまう人が多いのは、

  1. 真夏の置き場所を誤る(コンクリート直置き)
  2. 鉢が黒色なので熱くなりすぎる
  3. (1)と(2)の影響で根に多大なダメージを与え衰弱
  4. 根が弱った状態で頻繁に水やりをして、根腐れして枯れる

上記条件に加えて、捕虫葉も触りまくったら枯れてしまうのは時間の問題かと思います。

ホームセンター

ホームセンターでハエトリソウを購入する場合は、入荷した直後の個体を購入するのがおすすめです。

入荷してしばらく経った個体は、子供に捕虫葉をいじられたり、ホームセンターの従業員が間違った方法で管理されていることが多く、既に衰弱してる可能性が高いためです。

情報提供、雑談等