ゲームデバッグの仕事(アルバイト)はきつくて大変?ゲーム好きはあえておすすめしない理由

更新日
この記事は約6分で読めます。

デバッグの仕事

デバッグとは、コンピューターのバグを見つける作業であり、たまにネットの求人広告で掲載されてます。

過去にデバッグの仕事(アルバイト)をやったことがあるのでその時の体験談を書いてみます。なお、デバッグは現場(会社)によって労働環境や待遇は異なると思うので参考程度にどうぞ。

デバッグ求人の探し方

自分はネット求人で見つけました。雑誌の求人(タウンワーク等)にはほとんど掲載されてないと思うので、ネット求人で探すといいでしょう。

デバッグの面接

デバッグの求人はあまりないので面接自体も特殊なんじゃないかと懸念されると思いますが、一般的な企業の面接と変わらないです。集団面接で面接2人、面接官2人でした。質問等は交互に聞かれます。

質問される内容は、ゲーム系に特化していますね。好きなゲーム(スマホゲーム含む)、やり込み経験(タイムアタック、RPGのアイテムコンプ、レベルMax等)があるか、音ゲー経験、好きなボードゲーム(将棋やチェス)です。あとは、どうしてデバッグの仕事をやろうと思ったのか志望動機も聞かれます。

デバッグの待遇・時給・勤務時間

自分の会社は時給1050円でした。頑張れば昇給できるとのことなので、一般企業のアルバイトと変わらないです。加入条件を満たせば社会保険もあります。シフト制でリーダーが明日入れるか直近の入れる日を聞いてきます。

デバッグの現場・雰囲気

面接に合格し採用されたので、担当者に案内されて現場に入ったのですが、想像してたのと違ったので少しびっくりしました。現場内は細長い机が10~15台並んでいて、それぞれの机にパソコンが設置。結構ぎゅうぎゅう詰めで人数は細かく数えてないですが、1部屋で数百人ぐらいいましたね。

率直な感想として、「こんなにデバッグ作業者いるのかよw」と心の中で思いました。想像してたのは個室や小部屋、仕切りとかで区切って5人程度のチームで作業をするのかと思ったのですが全然違いました。

みんなの前で軽く挨拶をしてからリーダーのところに行き指示を仰ぎます。

デバッグの現場なので、年齢層は若く20~30代ぐらいの男女が大半を占めてます。女性は真面目そうな子からヤンキーっぽい子、ギャル等色々いましたね。年配の男女はほとんどいなかったです。

あと、これは採用が決まって現場に入る前に採用担当者から1点だけお願いがあると言われました。それは会社内で人とすれ違ったら必ず挨拶はするようにとのことです(会社内で外部の人間とすれ違うこともあるため)。

普通に働いてたら挨拶をするのは常識ですよね。何でこんなことをわざわざ言うのか聞いたところ、そういう傾向の人が多く集まっていると言ってました。なので、礼儀を重んじる人はデバッグの現場の雰囲気に合わないでしょう。

デバッグの作業内容

自分が作業したのはゲームアプリの不具合チェックです。この不具合作業は、キャラクターの喋る内容がそのキャラと合っているか、台詞の誤字脱字(日本語が不自然、漢字が間違ってない等)とかです。

日本語の誤字脱字は普段読書とかテキストを読まない人は結構きついと思います。意外と見落としがちになりますので。

個人的にキャラクターの喋る内容がそのキャラと合っているかを確認する作業が一番面倒です。例えば、スマホのアプリで美少女ゲームとかやっている人なら分かると思いますが、登場する美少女キャラクターはそれぞれ決まった口癖で話してますよね。

何が面倒なのかと言いますと、例えば、学園系のゲームの場合は登場キャラクターに先輩・同級生・後輩という上下関係があります。上下関係ですと自分より先輩はさん付け、同級生はタメ口、後輩には呼び捨てやあだ名付けとかになるのですが、これらを全て把握する必要があります。

登場キャラクターが10人いたらそれぞれの先輩や後輩関係とかを理解した上で台詞におかしい箇所がないかチェックするということです。

最も分かりやすい例ですと、ドラゴンボールでベジータは孫悟空に対してほとんどカカロット呼びですが、原作では少ないながらも悟空呼びしてるシーンがありますがちょっと違和感を感じますよね。普段はカカロット呼びですので。ようはこんな感じでゲームアプリの登場キャラクターもそのキャラに相応しくない台詞がないかチェックしていき報告する流れになります。

登場キャラクターの上下関係や台詞集(この人物に対しは呼び捨て、タメ口、ちゃん付け等)はエクセルでびっしりまとめられていました。なので覚えるまで大変です。

人と関わりたくない人はデバッグに向いてる?

人と話すのが苦手な人、人と関わりたくない人はデバッグがお勧めという記事が多いですが、それは間違いです。

デバッグは間違いがあったら周りや担当のリーダーに頻繁に報告します。デバッグはかなり密なコミュニケーションを必要とされます。デバッグより物流倉庫のピッキング作業とかのほうが人と喋りませんね。

ゲーム好きはデバッグに向いてる?

個人的には向いてないと思います。3歳からゲームはやってますが、RPG、音ゲー、レースゲーム、アクションゲームと色々なゲームをやってやり込み経験もあり、1日10時間以上やっても苦でなかった自分ですら飽きましたので(笑)

デバッグのリーダーもゲーム好きよりそうでない人のほうがデバッグの仕事は向いてるし長く続いてると言ってました。

なぜなら、完成されたゲームを遊ぶのとデバッグの作業は全く別物です。家でプレイするゲームは仕事ではなく趣味でありデバッグは仕事です。自分の好きなゲームのデバッグをするのでしたらやりがいはあると思いますけど。

全く興味のないゲームのデバッグをするのって結構苦痛ですね。

デバッグのデメリット

1日中パソコンやスマホと睨めっこするので目を相当酷使します。自分の現場では1時間に10分程度は目を休んでOKでしたが、それでも疲れます。頻繁に目薬指してる男性もかなりいました。

2つ目はデバッグで正社員の仕事がない?ということです。自分の現場ではデバッグの正社員はいないといってました。契約社員は数人いると言ってましたね。本気でデバッグをやって正社員目指してるという人は止めたほうがいいでしょう。正社員を目指してるなら普通に就職活動したほうがいいです。

3つ目は超単純作業なので飽きます。基本的にデバッグって間違いやおかしな点がないかチェックするだけの作業ですので。

物流倉庫のシール貼りなども単純労働なので相当飽きますが、個人的にはシール貼りの作業のほうがまだ飽きないです。というのもシール貼りでしたら、立ち作業で動けるので適度に体力を消耗して心地よい感じになります。パソコンやスマホを1日中見るわけではないので、テクノストレス(VDT症候群)になることもないです。

デバッグに向いている人

「周りとコミュニケーションを取るのが好き(若者)、1日中パソコンやスマホをいじっても目が疲れない、1日中座り作業でも問題ない、超単純作業でも飽きない、一日中間違い探しをしても苦でない」

全て該当する人はデバッグに向いてると思います。

まとめ

デバッグは現場によって多少の違いはあると思いますが、ある程度は共通してると思います。自分の場合はゲームアプリのデバッグでしたので、家庭用ゲームのデバッグをやってみたかったです。

スクウェア・エニックス、任天堂クラスの大手ゲーム会社のデバッグでしたら現場の雰囲気とか待遇とか違うかもしれませんね。

 

情報提供、雑談等