WordPress(ワードプレス)情報サイト 使い方・初心者向け

更新日
この記事は約9分で読めます。

WordPress(ワードプレス)最新記事

致命的なエラーをチェックするためにサイトと通信できないため、PHP の変更は取り消されました。SFTP を使うなど、他の手段で PHP ファイルの変更をアップロードする必要があります。
注意事項 ※「file.php」ファイルを修正するため、記述を間違えるとエラー(このサイトで重大なエラーが発生しました。)になります。修正する前に、「file.php」ファイルをダウンロードしておきましょう。万一エラーになっ...
cocoon(コクーン)の使い方(インストール)
cocoon(コクーン)とは テーマ名cocoon(コクーン)URL開発者わいひら価格無料特徴スキン(数十種類のデザイン)、SEO(canonicalタグの追加、noindex等)、高速化、AMP、PWA、目次、SNSシェアボタン、...
マルチサイト化(複数サイト・サブディレクトリ・サブドメイン)にする方法
wordpressのマルチサイト化 wordpressは普通にインストールするとシングルサイト化で運用可能ですが、インストール後にマルチサイト化として運用することもできます。今回はマルチサイト化(複数サイト・サブディレクトリ・サブド...

WordPress(ワードプレス)情報サイト

WordPress(ワードプレス)の情報サイト。ワードプレスの使い方、無料テーマ、有料テーマ、インストール、トラブル・エラー時の対処方法の記事を書いていきます。

WordPress(ワードプレス)公式サイト

WordPress(ワードプレス)とは

WordPress(ワードプレス)とは、CMS(コンテンツ管理システム)。オープンソースであり、ホームページを簡単に作成できるソフトウェアと認識していいです。

基本的にホームページ作成(Webサイト制作)をする場合は、マークアップ言語であるHTMLやCSSの知識が必須になります。さらに動きを取り入れたい場合などはプログラミング言語のJavaScriptやPHPの知識等も。

しかし、wordpressであれば、HTML、CSS、JavaScript、PHPの知識がなくても、簡単にブログ作成(ホームページ作成)が可能となります。

HTMLやCSS等を理解して実践で使えるようになるのは結構時間がかかりますので、初めての方はwordpressでの運用をおすすめします。

WordPress(ワードプレス)の使い方(基本)

WordPress(ワードプレス)をインストールし、ログイン可能になった後の操作方法です。

ログイン後は、左サイドバーに一番上から「ダッシュボード、ホーム、更新、投稿、メディア、リンク、固定ページ、コメント、外観、プラグイン、ユーザー、ツール、設定」の機能があります。

更新

WordPress(ワードプレス)、テーマ、プラグイン等のバージョンアップのお知らせがあった場合は、更新の項目が赤く表示されます。古いバージョンのままだとバグや脆弱性(ソフトウェア欠陥)が修正されずに危険なので、バージョンアップのお知らせがあったら最新版にするよう心がけましょう。

投稿

WordPress(ワードプレス)を使う上で最も頻度が多い機能です。通常の記事を書く場合は、ここから書くようにしましょう。マウスを投稿まで移動させると、「投稿一覧、新規追加、カテゴリー、タグ」の項目があります。投稿一覧では、全ての記事(公開済み、下書き、ゴミ箱)が管理可能。右上の「表示オプション」をクリックすると、ページごとに表示する項目数などが選択できます。

カテゴリーでは、カテゴリーの管理が行えます。子カテゴリーを作成するには、親カテゴリーでカテゴリを選択すればOK。

タグではタグの管理が行えます。

メディア

画像の管理が行えます。画像は重いと負担がかかるので、事前に画像を圧縮して軽量化させてからアップロードをするとよいでしょう。アップロードした画像をクリックすると、代替テキスト、タイトル、キャプションなど細かく設定ができます。画像を編集をクリックすると、「画像縮尺の変更、画像のトリミング」等も行えます。

固定ページ

サイト案内、事業内容、運営者情報(プロフィール)、プライバシーポリシー、メールフォーム、サイトマップなどの記事は固定ページで書くと良いでしょう。

コメント

コメントを管理できます。

外観

WordPress(ワードプレス)を使う上で「投稿」と同じぐらい、使う頻度が多いです。外観では、「テーマ、カスタマイズ、ウィジェット、メニュー、ヘッダー、背景、テーマエディター」の設定が可能。

テーマの「新規追加」から、様々なテーマをアップロード可能です。テーマは沢山あるので迷いますが、初めての方はcocoonを選んでおけば間違いはないでしょう。なお、テーマは必ず子テーマをアップロードするようにします。

カスタマイズでは、様々な機能がカスタマイズできます。

ウィジェットでは、アーカイブ・カテゴリー・タグクラウド等様々な機能が追加可能。

メニューでは、ヘッダーメニュー・フッターメニュー等が作成可能。

テーマエディターでは、中級者向けの機能です。functions.php等は記述を間違えると画面が真っ白になったりするので、初心者の方はいじらないほうが無難でしょう。「style.css」、「functions.php」、その他phpファイル等の設定ができますが、ファイルを編集する場合は、子テーマのファイルを編集するようにします(編集するテーマを選択で子テーマを選択すればOK)。親テーマを編集すると、テーマの更新があったさいに上書きされてしまい、編集した内容がリセットされてしまうので気を付けましょう。

プラグイン

WordPress(ワードプレス)を使う上で「投稿」や「外観」と同じぐらい、使う頻度が多いです。プラグインの「新規追加」からアップロードすることが可能。自分のお好みのプラグインをアップロードすればよろしいでしょう。プラグインは入れすぎると重くなりますので注意。

プラグイン名おすすめプラグイン
Google XML Sitemapsサイトマップ用のプラグイン
SiteGuard WP Pluginセキュリティプラグイン。ログインページの変更等が行えます。
.htaccessでもセキュリティ対策はできますが、敷居が高いので、初めての方は
セキュリティプラグインで対策を行えば十分でしょう。
Username Changerユーザー名を変更することが可能。
All in One SEO PackSEO対策のプラグイン。多彩な機能を搭載していますが重いです。
cocoonのテーマを使っている場合や、自力でphp等のテーマ編集が行える人は
このプラグインは特に必要はないかなと思います。
All-in-One WP Migrationデータを移行できます。一番リスクが少ないので初めての方はこのプラグインでデータ
移行をするのがいいと思います。

ユーザー

ユーザーの管理が可能。通常ユーザー名は変更できないですが、「Username Changer」のプラグインを使えば簡単に変更が可能です。

ツール

主に使うのがインポートとエクスポート。エクスポートで、投稿記事や固定ページ等のコンテンツをXMLファイル形式でダウンロードが可能。ダウンロードしたXMLファイルを別のwordpressにコンテンツをインポートすることができます。ただし、この方法だとテーマ等はインポートされないので注意。完全に移行する場合はAll-in-One WP Migrationのプラグインを使うのがお勧めです。

設定

一般では、サイトのタイトルやキャッチフレーズ等が編集可能。

表示設定では、ホームページの表示を固定ページで表示するか最新の投稿記事で表示するかが選べます。フロントページを表示させたい場合は、固定ページで記事を作り、ホームページのところを固定ページの記事を選択すればOK。フィードの各投稿に含める内容は「要約」にチェックし、検索エンジンでの表示の「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」はチェックが付いてたら外しておきます。

ディスカッションでは、コメントの設定が細かく指定できます。

パーマリンク設定では投稿名にチェックを入れておきましょう。

WordPress(ワードプレス)のメリット・デメリット

WordPress(ワードプレス)のメリットはやはり、HTML、CSS、PHP等の知識がなくても、ある程度見栄えのあるホームページが作れる点です。初心者でも敷居が低く挫折しにくいのが特徴。

デメリットは、WordPressはそのまま使うとセキュリティに弱い点です。例えば、デフォルトのWordpressはログインページのURLが共通してますので、誰でもログインページに到達できるということです。なので、これを防ぐ方法として、プラグインを使ってログインページのURLを変えてしまうか、.htaccessで自分のIPアドレス以外からログインページへアクセスするのは全てブロックする等が有効。

また、ログインパスワード等は複雑にしたほうがよろしいでしょう。

WordPress(ワードプレス)のテーマとは?無料テーマ・有料テーマ

WordPressのテーマとは、テンプレート(雛形)のことで、無料テーマと有料テーマが存在。テーマは種類が多すぎてどれを使えばいいか迷うところですが、初めての方は無料テーマの「cocoon」が良いでしょう。cocoonのメリットはフォーラムが活発ですので、トラブル等になった場合は実際に質問したり、過去ログ等を参照して自己解決できます。無料テーマでここまでフォーラム(無料)が充実しているのはcocoonにはないと思われます。

cocoonの場合は見た目がブログ形式ですので、見た目が企業型サイトっぽいデザインを好む人は、無料テーマ「Lightning」をおすすめします。cocoonもテーマをカスタマイズすれば企業型サイトにもできますが、初心者には敷居が高いです。

有料テーマを検討してる方は無料テーマを使いこなせるようになってからにしたほうがよろしいでしょう。特にcocoon等は無料テーマであるにも関わらず有料テーマと遜色がないです。無料でフォーラムが利用できるという点も含めれば有料テーマ以上といっても過言ではないでしょう。

WordPress(ワードプレス)のプラグイン

WordPress(ワードプレス)は無料で利用できるプラグインも豊富です。プラグインも使いこなせばさらに自由度の高いサイトを運用できるでしょう。プラグインはテーマと同様に定期的にバージョンアップされるので更新しておきます。

WordPress(ワードプレス)のカスタマイズ

WordPress(ワードプレス)のテーマはそのまま使っても問題ないですが、デザインが他人と被るのでテーマをカスタマイズして自分好みのデザインで運用したいと思う人も多いでしょう。

カスタマイズするには、HTML、CSS、PHP等の知識が必要になります。特にテーマのPHPファイル(functions.php等)をいじり記述方法を間違えますと、画面が真っ白になったりして想定外のトラブル(エラー)になり苦戦を強いられますので気を付けましょう。

WordPress(ワードプレス)のレンタルサーバー

WordPress(ワードプレス)を利用するさいは、独自ドメインを取得して有料レンタルサーバーを借りて、サイトを公開します。レンタルサーバーを提供している会社は多いので、どれを選べばいいか迷う人も多いですが、ご自身の予算に応じて決めれば問題ないでしょう。

大手のレンタルサーバーでは1か月間の無料期間を設けていますので、色々なサイトを活用してみましょう。

レンタルサーバーの価格、スペック等総合的に考慮すれば、「エックスサーバー」、「カラフルボックス」あたりを選べば間違いはないです。

カラフルボックスとミックスホストはどちらがお勧め?

今後別途記事でも紹介しますが、ミックスホスト(mixhost)のレンタルサーバーはカラフルボックスと同スペックですが、サイトマップ用プラグイン(Google XML Sitemaps)が正常に読め込めない事象が発生しています(インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません等、サイトマップが認識されてない等)

公式に確認したところ、同じような問い合わせが他のユーザーからも寄せられていると回答がありましたので、ミックスホストを検討していた方はカラフルボックスをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました