ドイツ生まれの地球に優しいバイオ・ハイテク洗剤

脱ニート(引きこもり)の就職。正社員・バイトより派遣社員で働くのがおすすめ

更新日
現在のページは約9分で読めます。

派遣という働き方

現在ニート(引きこもり)で就職活動を始めようと思ったとき、正社員・契約社員・アルバイトで働くか、または就職支援サービスを利用するか迷うことがあると思います。いきなり正社員で攻めるべきという意見も多いでしょう。

結論から言いますが、1年以上の長期ニート(引きこもり)の場合で面接がなかなか突破できない場合は、正社員やバイトで働くより、まずは日雇い派遣で働くことをおすすめします。

それでは派遣で働くメリットと正社員やバイト(パート等)の自社雇用で働くデメリットを書いていきます。なお、当記事で書いてる派遣はバイトレみたいに、ネットだけで登録完了し、面接履歴書等も不要な派遣会社を基準に書いてます。また、派遣の現場は主に物流倉庫で事務職や接客等は含んでいません。

ニート(引きこもり)の定義は個人差がありますが、当記事では1年以上外に出て働いてない人達を例にしてます。現在ニート(引きこもり)の子供がいる家庭、現状(ニートや引きこもり)を変えたい人向けに書いてる記事となります。

派遣で働くメリット

ニート(引きこもり)が派遣で働くメリットです。

面接なしでいきなり働ける

アルバイト(パート)や正社員で働く場合は必ず履歴書や職務経歴書を持参して受かるか分からない面接を長々とやります。

対して派遣(バイトレ)の場合は、面接や履歴書は不要です。ネットから応募し登録完了すればすぐ色んな現場で働けます。

履歴書や面接という過程をすっとばせるのが最大のメリットです。

出会い

スーパー、コンビニ、ファミレス等の自社雇用の場合は基本的にその店舗で働くことになります。繁忙期等は別店舗に応援(仕事の手伝い)に行くこともありますがそれほど多くはないですね。なので、人間関係は特定の人に限られます。人が少ない場合はなかなか知り合いや友達も作りづらいでしょう。

対して派遣の場合は自由に現場を回れます。派遣先の現場は様々な人が就業してて現場によっては100人近くいます。学生、社会人、自営業、主婦、おじいちゃんやおばあちゃん、外国人等、老若男女問わずいますので、通常のアルバイト・パート(自社雇用)ではありえない複雑な人間関係を1日で経験することが可能。

その為、その辺のスーパーやコンビニ、ファミレス等と比較して、わりかし出会い(知り合いや友達等)も出来やすいのが特徴です。

適度な運動

事務職と異なり、物流倉庫の場合、ピッキング等の作業は適度な運動にもなるため健康にも良いです。

学歴、職歴、資格等は不要

派遣で物流倉庫に就業する場合は基本的に学歴やスキル等は不要です。根性さえあれば誰でも働けるのが倉庫なので、資格無しの人でも問題ないです。

差別を受ける

現場によっては派遣という理由だけで、ありえないような扱い(差別)をされることがあります。これは作業や仕事ができるできないは全く関係ないです。特に男性のほうが酷い扱いを受ける可能性は高いです。

一般論で語るなら、やはり日雇い派遣と聞くと良いイメージは沸きにくいかと思われます。そのような差別を受け続けると、真剣に将来の事を考えようとするキッカケにもなります。

また、現在定職で就いてる人が派遣をやって酷い扱いを受けると、今の職場にありがたみを感じるようになります。

アルバイトや正社員のデメリット

では、今度はニート(引きこもり)がいきなりバイトや正社員で働くことをおすすめしない理由をあげます。

面接が難関

ニート(引きこもり)期間が長くなるにつれてコミニュケーション能力は確実に低下しています。中には家族とですらまともに話さない家庭もあるでしょう。

そんな状況でいきなりハローワーク行って就職しろとわめいても果たして内定がもらえるのでしょうか。相当困難ですよね。例え同年代とはいえ、大学や高校を卒業してすぐ就職活動を始めた人達と、長年外部と関係を絶ってきた人達が就職を始めるのとでは難易度が天と地ほど違ってきます。

いくら事前に面接対策等をして運良く面接を突破しても、コミニケーション能力が回復してない状態では付け焼き刃にしかならないです。なぜなら外部と長期間人との関りを避けてきた人がいきなりフルタイム労働で働くと、人間関係が構築できなかったり、対人関係(ストレス)に対する免疫がなくなっているのですぐ辞めてしまう可能性が高いです。

すぐ辞めてしまうと、「やっぱり自分は駄目な人間だ」と悲観的になってさらに閉じこもるようになり、負のスパイラルに陥ります。

本人のやる気をなくしてしまう

面接官はかなり嫌らしい質問もしてきます。正社員の面接なら尚更ですね。履歴書の空白期間が長いと高確率で面接官に色々と突っ込まれます。「今まで長期間何やってたの?なぜ正社員を目指さないの?いつまで親のすねかじってるの?声が小さい、人の目を見て話しなさい」等とかですね。

昔自分がDNPのアルバイトの面接を行ったときに複数(2人)で面接することになったのですが、隣の若い男の子が面接中に、上記で挙げた事を色々と突っ込まれて怒鳴られてました。

面接に来たのに説教をかます面接官は普通にいるでしょう。つまり面接とは全く関係がない意味のない酷い罵声を浴びせられて働く意欲を奪ってしまうんですよね。労働意欲が低下するので、また引きこもるようになり悪循環です。

しかし、派遣なら面接しないので過去の空白期間など突っ込んで罵倒される心配もありません。労働意欲を低下するというにはならないです。

派遣の親子

これは昔物流倉庫現場で体験した出来事です。若い男性と40代ぐらいの女性が現場にいたので、いつも一緒に行動してて家族なのかなと疑問を抱き話しかけたところ、親子(母親と息子)ということが分かりました。

息子が3年以上のニートだったので改善させるため一緒に働き始めたとのこと。遊びに出かける友達もいなく話してたのは家族のみ。

自分も普通に彼とは話しかけてましたが、彼は長期間外部の人間と話さなかった影響か話し方に特徴が出てました。

会話するときは人の目を見て話さず常に下を向いてる感じなのと話す声が極端に小さい点。この状態だとアルバイトの面接でも攻略するのは非常に厳しいと思われます。現場の労働時間は1日8時間ですが、午前中で早退したりと勤務態度も良好ではなかったです。

彼は周りとはコミュニケーションは全く取らなかったので自社の人間からは少し避けられてる印象がありました。その現場は結構派遣が入ってたのですが、物凄い優しいおじさん(N)がいてこの人が彼の運命を変えましたね。

結婚してる方だったんですが物腰が柔らかく相手の立場にたって発言をする方で物流倉庫には滅多にいない人柄。誰とでも分け隔てなく話してたので人気があり、それで仕事もトップクラスに速いと言う非の打ち所がなかったです。

そのNさんだけはいつも彼に積極的に話しかけてたんですよね。休憩中とか目の前に座って話しかけ一緒に食事したり等。そんなNさんの影響もあってか、彼も日が経つにつれて徐々に変化が出てきました。新人の派遣が現場に入ったとき、彼が自主的に面倒を見るようになったんです。今まで人の目も合わせられなかった彼がです。

受動的だったのが能動的に変わった瞬間でもありました。最終的には覚醒したのか現場で仕切るようになりましたね(笑)

彼曰く自分自身が話さないから周りの人達も自分に全く話しかけてこない、なのでNさんが話しかけてきたのは凄い嬉しく、人と会話することがここまで楽しいと気づかせてくれ、自ら行動を取って話しかけるようになったと言ってましたね。長期間家族意外とろくに会話してこなかった反動で他の人とも喋るようになったのもあると思います。

人の力って凄いなと感心しました。人を傷つけるのも人間ですが、人を変えるのもまた人間なんだなと改めて痛感。もし親と働きに来ないでNさんと知り合わなければ彼はここまで変わることはなかったんではないかと思います。

働いて得られるのは金だけじゃないんですよね。ここまで成長していく姿を見せられるとこちらも感化されます。

なので、働きたいんだけどあと一歩が踏み出せない人は期間限定で親と一緒に働くのは全然ありだと思います。親じゃなくても知り合いや親族でもいいです。

親が引きこもっている子供に対して働けというのは口先だけなら簡単ですが、それだけでは子供の心に響かないと思います。忙しいのに自分も働いてまで子供を変えたいと思っている。その心が伝われば何かしらの変化が出てくる可能性は十分あるでしょう。

派遣で慣れてきたら

派遣で数カ月も現場で働けばコミュニケーション能力はかなり回復してきます。少なくとも面接も普通に攻略できるレベルまではいけるかと。

ただし、脱ニート(脱引きこもり)に派遣での働き方はおすすめですが、ずっと派遣の生活はあまりおすすめしませんね。なぜなら派遣は不安定すぎますし、毎回現場が変わってたらストレスになります。

結婚しないで将来は1人で暮らしていくという考えをお持ちなら一生バイトや日雇いでもいいですが、結婚したい等、将来のことを考えてるなら日雇い派遣→アルバイトやパート(フルタイム)→契約社員→正社員、または日雇いやりながら就職活動して正社員になったほうが無難でしょう。

若い内は「若い」というだけで武器になります。これが30、40、50代になると正社員で雇ってくれるところは限られてきます。

今の時代は正社員よりフリーランス(自営業)で独立だみたいな記事をよく見かけますがあれ完全に間違ってるので鵜呑みにしないほうがいいですね。ブロガーやユーチューバーで一攫千金狙うとかもその類。

たしかにブロガーやユーチューバーになれば人とはほとんど会話しないですし、一攫千金を狙える可能性はあります。ですが成功を掴めるのはほんの一握りです。そもそもフリーランスなんて相当突出した才能がないと成功しないですから。

何だかんだいって一般人はやはり会社(組織)勤めが最強です。

ニート(引きこもり)になってしまうのは

キッカケは人それぞれです。学校でいじめられて引きこもるようになった、職場でパワハラ・人格否定等を受けて人との関りを避け、対人恐怖症になったりするケースも少なくありません。

子供はプライドがあるので過去にいじめやパワハラ等を受けてたとしてもなかなか親しい人間にですら真相は話さないと思います。特に思春期(小学校や中学校)の頃にいじめを受けると、何で親は気づいてくれず助けてくれなかったんだと、親に対して恨みを抱き大人になっても尾を引きずるケースが少なくないです。だから親に対して信用や信頼がなくなり言うことも聞かなるということになります。

ニート(引きこもり)だから一律に、「ハローワーク行け、対人関係が苦手なら清掃や農業、大人になって自立できないのは自己責任・甘え、スマホ取り上げろ、子供を外に追い出す」等の極論では解決しないでしょう。人と一切関わらない仕事なんてまずないです。

人それぞれ性格も違ければ育ってきた環境が異なるので、本気できちんと向き合ってその人に合わせた解決策が必要になってくると思います。

まとめ

この記事を見てるということは少なくとも現状を打破したい現れです。将来のことを何も考えていない人だったら、わざわざ検索してこの記事にたどり着いたりはしないはずです。

働いて脱ニートをしたい、ただ過去のトラウマ等でもう一歩が踏み出せない人も多いです。自分の人生にはそういった期間が必要だった、と切り替えれば少しは気持ちも楽になると思います。

 

情報提供、雑談等