ドイツ生まれの地球に優しいバイオ・ハイテク洗剤

Yahoo!カテゴリとは

更新日
現在のページは約2分で読めます。

Yahoo!カテゴリとは、Yahoo!JAPANが提供していたディレクトリ型の検索サービスです。

SEO対策をしていた人は知らない人がいないほどの知名度を誇っていたサービスです。最近の人はあまりご存じがないかも知れませんね。

Yahoo!カテゴリは2018年3月29日に終了したので、約20年近く提供していたということになります。

Yahoo!カテゴリと今のGoogle検索とは何が違うのかと言いますと、ディレクトリ型ですのでヤフーのスタッフがサイトをチェックした上で掲載しています。

その為、おかしなサイトやクオリティの低いサイトは掲載されないということになります。

ちなみに昔はGoogleもGoogleディレクトリというサービスを提供してたんですよ(笑)

Yahoo!カテゴリの難易度は

登録は個人なら無料で申請できて、登録される確率は10%程度だったと言われます。かなりの難関で登竜門と言われてたぐらいです。

あまりにも難しかったので、Yahoo!カテゴリに登録されるための情報を掲載した攻略サイトまであったほどです。

大体登録申請後は1週間以内に掲載される感じです。土日はスタッフが休みなので、月曜日に申請していれば早くてその週に掲載されます。ちなみに自分は最短3日で登録されました。

当時自分は10サイト近く運用していてほぼ掲載された実績がありますので、その結果からコツを教えますと申請時の特記事項が重要だったと思います。

申請するさいは特記事項が入力できたのですが、これは無記入でも申請できるんですよね。ただ、無記入だとアピールにならないので申請しても却下される確率が高かったのではないかと思います。

Yahoo!のスタッフからして見れば、自分のサイトのアピールもできないホームページなんか掲載するかって感じじゃないでしょうか。

自分のサイトを上手くアピールするのは思った以上に難しいですからね。

Yahoo!カテゴリによるSEOの効果はあるのか

Yahoo!JAPANに掲載されるということで、かなり効果はありました。上位表示されているほとんどが掲載済みのサイトばかりです。

人がサイトをチェックしている分価値があるということですね。

まとめ

有名なディレクトリ型サービス系のサイトはほぼ絶滅した感じですかね。個人が開発したyomi-searchはまだまだあります。

個人的にはYahoo!カテゴリは好きなサービスの1つでしたので、ずっと続いて欲しいなと思ったのですが、これも時代の流れなのかもしれませんね。

 

情報提供、雑談等