ドイツ生まれの地球に優しいバイオ・ハイテク洗剤

HTMLとは

更新日
現在のページは約2分で読めます。

始めてホームページを作成する方は、HTMLとはなんぞやと思うことがありますよね。自分も初めは訳が分からず覚えるまで苦労しました。

HTMLとは、「ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ(HyperText Markup Language)」で、略してHTMLです。

まあ、簡単に述べますとホームページを作成する際に必要となるプログラミング言語です。これを理解しないとホームページは作れません。ですので、プログラミング言語を一切勉強したことがない人は結構苦労するかもしれません。

ファイルの拡張子は、「~.htmlと~.htm」で、メモ長でも作成することができます。初めての方はホームページビルダーなどを利用して作られた方が多いです。

見出し、段落などの要素の文章構造を示すものであり、デザインに関してはCSSも理解する必要があります。なので、デザインを度外視すれば、CSSを習得しなくてもHTMLだけ理解すればホームページは作成できるということです。

HTMLが理解できないとホームページが作れないのでかなり挫折する人も多いでしょう。ブログが普及するようになってからはHTMLを理解しなくても手軽に情報を発信できるため、webで情報公開をする敷居が一気に低くなりました。

HTML文法は適当でもOK?

HTMLは文法に沿って正しい記述をしなければいけません。正しい記述をしないとブラウザによって見え方が異なり、閲覧する環境によって見えないこともあるからです。

しかし、現在においてはあまり気にすことはないと思います。現在の最新ブラウザは非常に優秀ですので、かなり文法がおかしくても適当に不備を補ってくれます。

しかし、昔はそうはいきませんでしたね。。。例えばIE6が主流だった時代は、それこそ古いブラウザ(ネットエスケープ4など)も使われてたので正しい文法が特に重要視されてました。古いブラウザはバグが酷すぎるので、HTMLとCSSは文法チェックで満点ぐらいの意気込みで作成しないときつかったです。

特に配置のバグが酷かったので、3カラムなどのレイアウトはテーブル要素が主流だったぐらいです。テーブル要素で配置すれば楽な上にブラウザによってもそこまで極端に見え方が異なることもなかったので使いやすかったです。

まとめ

ホームページを作る際に必須となるHTML。現在はTwitterなどのSNSが主流なため、昔に比べて独学で作成して公開する人は少なくなってきているのは確かです。

 

情報提供、雑談等