ドイツ生まれの地球に優しいバイオ・ハイテク洗剤

Googleアナリティクスで自分のIPアドレスを除外する方法

更新日
現在のページは約2分で読めます。

Google アナリティクスでIPアドレスを除外する方法

アクセス解析の定番と言えばGoogleアナリティクスです。多機能で無料ですのでアクセス解析でこれを上回るサービスはないでしょう。

さて、そんなアクセス解析で最強とも言うべきGoogleアナリティクスですが、自分のIPアドレスを解除する方法はあるのでしょうか。

自分や関係者のアクセスもカウントされてしまうと正確な数値が図れないので、関係者のIPアドレスは除外したいと思ってる方が多いかと思います。

IPアドレスを除外する方法はありますが、デフォルトでは設定されてませんので自分で設定する必要があります。

自分のIPアドレスを確認する方法

Googleで「確認くん」と入力し、確認くんのホームページを閲覧すると、IPアドレスが表示されています。

IPアドレスを除外する方法

  1. Googleアナリティクスにログイン
  2. 左下の「管理」
  3. ビューの「フィルタ」
  4. フィルタを追加
  5. 「フィルタ名(適当でOK)」
  6. フィルタの種類を「定義済み」にし、下の段の項目は左から「除外」⇒「IPアドレスからのトラフィック」⇒「等しい」
  7. 「IPアドレス」にご自身or関係者の除外したいIPアドレスを入力
  8. 保存

これでIPアドレスが除外されGoogleアナリティクスに反映されなくなります。なお、設定が反映されるまでは少し時間がかかりますので気長に待ちましょう。

GoogleアナリティクスでIPアドレスが除外されたか確認する方法

設定が成功すれば、ホーム画面のアクティブ ユーザーのリアルタイムにカウントされなくなるのですぐに分かるかと思います。

まとめ

以上GoogleアナリティクスでのIPアドレス除外のやり方でした。ちなみに注意点としては固定IPアドレスではなく、スマホのモバイルデータなど接続の度にIPアドレスが変化する場合は当然カウントされてしまいますのでご注意ください。

モバイルデータを接続した状態で確認くんのサイトを表示し、IPアドレスを確認したら、一度接続を切って再度接続しページを更新してみてください。IPアドレスが変化しているのが確認されているはずです。

 

情報提供、雑談等