DOCTYPE(文書型宣言)

現在のページは約2分で読めます。


DOCTYPE宣言とは

DOCTYPE宣言(ドキュメントタイプ)とは、そのHTML文書がどのバージョンのHTMLで作成されたのかをブラウザに宣言するためのものです。必須属性ですので必ず指定します。

DOCTYPE宣言は文書の1行目(先頭)に記述します。

ちなみにドキュメントタイプ宣言がなくてもブラウザでは表示されますが、W3Cは記述を推奨してますので必ず付けておきましょう。記述しないメリットは特にありません。

ソースコード

  • HTML5
<!DOCTYPE html>
  • HTML4.01(厳密型)

非要素や属性を一切使うことができない指定です。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
  • HTML4.01(移行型)

非要素や属性を使うことができ、厳密型より緩い指定です。厳密型より緩い指定でしたので、HTML4.01の全盛期ではこの指定が主流でしたね。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
  • HTML4.01(フレーム型)

フレームを使用することができる指定です。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">

使用例

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="Shift_JIS">
<title>DOCTYPE宣言</title>
</head>
<body>
<p>DOCTYPE宣言は文書の一番上に記述します。</p>
</body>
</html>

まとめ

HTML5はDOCTYPE宣言は1つの指定でOKですし、今はHTML5が主流ですので特にDOCTYPE宣言にこだわる必要はないでしょう。

HTML4.01時代のときは厳密型なのか移行型にするべきかよく議論がなされていましたが、HTML5ではそのような事を考える必要もなくなりました。

情報提供、雑談等