ドイツ生まれの地球に優しいバイオ・ハイテク洗剤

ブラウザとは

更新日
現在のページは約2分で読めます。

インターネットブラウザとは

ブラウザ(ウェブブラウザ)とはインターネット上の情報(ホームページなど)を閲覧するためのソフトです。

基本的にデフォルトで搭載されているブラウザを使えば問題ないですが、デフォルトのブラウザが使いづらい場合は、別のブラウザをインストールしましょう。

代表的なブラウザの種類

  • インターネットエクスプローラー(Internet Explorer)

略してIEと呼ばれています。OS(Windows)に標準搭載。かつてMicrosoft社が開発していたブラウザで絶大なシェアを誇っていました。WindowsXP時代ではIE6が主流でしたね。現在では後継としてMicrosoft Edgeに切り替わっています。

  • Google Chrome(グーグル・クローム)

Google社が2008年に開発したウェブブラウザ。世界の7割が使用していると言われており、シェアは全ブラウザでNo1の実績。

  • Safari(サファリ)

Apple社によって開発されたブラウザ。OS(mac)やiPhone、iPadに標準搭載されています。

  • Mozilla Firefox

略称して「火狐」とも。オープンソースのウェブブラウザであり、高速なのが特徴。

  • Opera(オペラ)

オペラ・ソフトウェア によって開発されたウェブブラウザ。高速で軽量なのが特徴。

  • ドルフィンブラウザ

MoboTap (モボタップ)社によって開発されたブラウザ。ジェスチャー機能を搭載

どのブラウザがおすすめ

自分が使いやすいブラウザを使用するのが一番ですね。基本的にネットを閲覧するだけですので極端に優劣の差はないかと思います。

ブラウザとHTML&CSSの関係

ブラウザはマイナーなものまで含めますと結構な数になります。ホームページを作成した経験のある人は既にご存じかと思いますが、よく正しい文法でHTMLとCSSを書くのが非常に重要と言われるのは、ブラウザによってホームページの見え方が異なるのを防ぐためでもあります。

まとめ

ブラウザといっても有名なものから見慣れないものまでありどれを選ぶか悩むべきところですが、基本的にご自身が使いやすいブラウザを使えば間違いはありません。

他人がお勧めと言っても自分に合わないことはよくある事ですので、いくつかダウンロードし使用して決めるのが得策です。

マイナーなブラウザとか色々ありますので見つけるのも楽しいです。

自分に最良のブラウザが見つかればより快適なネットライフが実現できるでしょう。

 

情報提供、雑談等