ドイツ生まれの地球に優しいバイオ・ハイテク洗剤

肉の代わりになる食材や食べ物

現在のページは約2分で読めます。

肉の代わりになる食べ物はあるのだろうか。健康に気を付けている人は一度は思ったことがあるかと思います。

実は大豆製品で肉にかなり近い食品は存在してます。ヴィーガンやマクロビオティック実践してる人は既にご存じの方も多いでしょう。

その商品は、「マルコメ ダイズラボ 大豆のお肉 乾燥ブロックタイプ」です。これは筆者が唯一リピートしてもいいと思える美味さでしたね。

原材料は大豆だけですが、これの食感などは鶏肉と遜色ないレベルです。

この商品を食べて不味くて2度と食べたくないという人は、元から大豆製品が嫌いか調理法に問題があるかのどちらかでしょう。原材料が大豆だけなので味付けを工夫しないとはっきりいって不味いです(笑)。

味付け次第で上手くも不味くもなるといった感じですね。

美味しくするコツは2点あります。まずは味付けを濃くします。大蒜生姜醤油は必ず入れ長時間浸み込ませることで、かなり美味しくなります。

味付けをしてもまだまずいと感じましたら、それはまだ味付けが薄いということになりますのでさらに濃くするか浸み込み時間を延ばしましょう。

もう一点は油は新鮮な物を使います。実はこの油が非常に重要でして、古い油ですとかなり味や食感が劣化するので気を付けましょう。

ちなみにこれを知り合い3人に食べさせたら全く気づいてませんでしたね(笑)この商品がいかに優れているかが物語っています。

筆者も味にはかなりうるさい方ですが、不味いか美味しいかと言われたら即答で美味しいと自信を持って言えます。

まとめ

本商品はあくまで肉の代用品。肉の代用品としては総合的に見ても間違いなく最強ですが、匂いなどは当然肉ではないですのでその点は理解した上で購入しましょう。

しかし、健康食品などこの手の商品を購入する人は味などは1ランク下がってでも健康に良い物を食べたいと思ってる方が大半ですので、想像してたよりそこまで落差はないかと思われます。

情報提供、雑談等