地獄先生ぬ~べ~ #16巻 童守小・恋の大混戦の巻のレビュー・口コミ・評価

更新日
この記事は約3分で読めます。

地獄先生ぬ~べ~ #16巻 童守小・恋の大混戦の巻のレビュー・口コミ・評価

商品名地獄先生ぬ~べ~ #16 童守小・恋の大混戦の巻
原作&漫画真倉翔、岡野剛
ISBN-104088722167
ISBN-13978-4088722160
出版社集英社
目次ぬ~べ~・玉藻共同戦線
お色気妖怪・精霊パウチ
妖怪・舞い首
濡れ女子に恋した男
死を招く紫鏡
次元妖怪・まくらがえし
ゆきめ・童守町へ帰る
童守小・恋の大混戦!
なまぐさ坊主と陰摩羅鬼

地獄先生ぬ~べ~の第16巻です。

ぬ~べ~・玉藻共同戦線の巻では秀一がメイン人物。幼い頃にペットである亀を誤ってドブ(下水)に流してしまいます。亀は御神体を取り入れて神獣と化し、秀一への恨みを果たすべく、ぬ~べ~達に襲い掛かります。

亀の恨みは秀一なので、彼1人犠牲になれば町の人たちは助かると踏んだのですが、担任の教師であるぬ~べ~は真っ向から否定し、命は数ではないというのを見事に伝えてます。

この亀は神から無尽蔵に霊力を受けているいわゆる神獣ですが、麒麟戦と比較したら圧倒的な強さは感じなかったです。麒麟はもうどうあがいても勝てない描写でしたしね。

濡れ女子に恋した男の巻では、濡れ女子という妖怪がとある男性に取り憑きます。ただ個性的な人物で、外との交流がなく三ヵ月に1回しかお風呂の水を変えないという超不潔っぷり。ずっと家の中で過ごしてるという発言から、働いてないニートな感じですかね。

取り憑いた男性がこんな人だったので今すぐ引き離してほしいとの事だったのですが強力な念に縛られているので断念することに。こんな悲痛な状況だったのですが、終盤で男性が覚醒し急展開を迎え恋に落ちて付き合うことに。

個人的には濡れ女子の回は結構好きですね。ぬ~べ~の結婚式でもこのカップルは出席していましたのでうまく続いてるんだと思います。ただ、物理的に離れられないというのは生きていく上で厄介ですよね。一緒にできる仕事でないと働くのは無理かと(笑)

次元妖怪・まくらがえしでは、郷子が別の世界に飛ばされる話です。いわゆるパラレルワールドです。このパラレルワールドの世界ではぬ~べ~が除霊に失敗して廃人(全身マヒ状態)になってます。このパラレルワールドの話は霊媒師いずなで書かれているみたいです(自分はまだ見ていません)

なんというか絶望ですよねこの世界。あのぬ~べ~が全身マヒ状態とは。ぬ~べ~がいなかったら詰んでたかと。

パラレルワールドは未来の内の1つ。幸せな未来もあれば不幸な未来もあるということ。結局これは人生において本人の生き方次第で幸せにもなり不幸にもなりうるということなんですよね。

ゆきめ・童守町へ帰る~童守小・恋の大混戦!の巻では、復活したゆきめが童守町へ戻ってきて、心を取り戻しつつあるが、ぬ~べ~が他の女性と仲良くしてるのを見てゆきめが暴走して、大混戦する回です。

まとめ

ペットであった動物が故意であれ過失であれ人間によって捨てられ、妖怪化して復讐を果たそうとする描写がうまいです。

10巻のハツカネズミの回でもネズミ達が人間に報復しようとしますが、動物を飼うことの難しさや大切さなどが伝わってきます。

また、単行本16巻は復活したゆきめが童守町に戻ってくる回もあるのでお勧めです。

 

情報提供、雑談等