ドイツ生まれの地球に優しいバイオ・ハイテク洗剤

地獄先生ぬ〜べ〜 第10巻 時をかけるぬ~べ~の巻のレビュー・口コミ・評価

更新日
現在のページは約3分で読めます。

地獄先生ぬ〜べ〜 第10巻 時をかけるぬ~べ~の巻のレビュー・口コミ・評価

商品名地獄先生ぬーべー 第10巻 時をかけるぬ~べ~の巻
原作&漫画真倉翔、岡野剛
ISBN-104088715306
ISBN-13978-4088715308
出版社集英社
目次時をかけるぬ~べ~
対決!雪女VS座敷童子
天女の羽衣
新説・八百比丘尼の物語
ビルだと思ったらダイダラボッチだった!
あの子はのっぺらぼう!?
麒麟
肉人
ハツカネズミで大騒動

地獄先生ぬ~べ~の第10巻です。

時をかけるぬ~べ~の巻では、恩師である美奈子先生の話。妖怪のチャブクロに触れると過去に戻ることができるという。ぬ~べ~が教師になろうとしたキッカケなどが分かります。

麒麟の巻では克也がメイン。克也が神社で鯉を取って誤って死なせてしまい、神の怒りに触れ麒麟との死闘を描いてます。

麒麟の戦闘能力はぬ~べ~を一撃で戦意喪失させるほどの圧倒的霊力。

麒麟戦に関しては克也が100%悪いわけなので、ぬ~べ~も本気で怒れなかったんじゃないですかね。そもそも神(麒麟)は人間に対して害を及ぼす存在ではなため、ぬ~べ~にとっても戦いずらい上に万一倒したら罰が当たりそうですし。

妖怪大百科にも記載されていますが、麒麟は人間にとっての神ではなく動物や自然の神。

それを裏付ける証拠として、作中では13人殺した凶悪犯が麒麟によって食い殺されてますが、克也は鯉1匹死なせてしまって殺されそうになります。なので、麒麟にとっては鯉1匹=人間数十人分の命という感じですね。

ハツカネズミの巻では、飼育知識がない状態で広がハツカネズミをペアで購入してしまい無制限に増えてしまう。

飼いにくいという理由でろくに世話もされなくなり、保健所が引き取る結果になるのですが途中で2匹が脱走します。しばらく経った日、大量のハツカネズミが学校で人間たちに襲い掛かります。

ペットであるハツカネズミが飼いにくいという人間の身勝手さで放置され、ハツカネズミが人間たちに復讐する描写がうまいです。

ただ可愛いという理由だけで、ちゃんとした知識もなしに動物を飼うなという戒めですね。

妖怪大百科では、ペットは買う側の人間にとっては良いことだが、飼われる動物たちはいいことばかりではない。暖かい寝床と美味しい餌を与える代わりに彼らから何を奪ってしまったのかと記載されてましたが真理だと思います。

まとめ

麒麟の巻では克也がバトル前にとある善行を行ったことにより死刑を回避できます。この善行を行わなければ確実に処刑されていたでしょう。

情けは人のためならずですね。まあ助けたのは人ではないですが、情けをかければいずれ自分に良い報いが返ってくる。

おすすめです。

 

情報提供、雑談等