平均年収一覧(給与・役員報酬一覧)

2022年7月28日

平均年収

各企業の平均年収、役員報酬の情報サイト。

年収ランキング(大企業・東証プライム上場企業等)

最新記事

日本人の平均年収

給与所得者の1人当たりの平均給与は461万円(男性567万円、女性280万円)

平均年収平均年齢平均勤続年数
1985年(昭和60年)351万円40.6歳10.9年
1990年(平成2年)425万円41.4歳11.3年
1991年446万円41.7歳11.4年
1992年455万円42歳11.4年
1993年452万円41.9歳11.3年
1994年456万円43.2歳11.5年
1995年457万円42.3歳11.7年
1996年460万円42.4歳11.8年
1997年467万円42.6歳11.8年
1998年464万円42.6歳11.9年
1999年461万円42.8歳12年
2000年461万円42.9歳12年

事業所規模別の平均年収

従事員10人未満の事業所では、355万円(男性451万円、女性247万円)、従事員5000人以上の事業所では、606万円(男性756万円、女性283万円)。

事業所規模平均給料
1~9人 355万円 
10~29人430万円
30~99人437万円
100~499人472万円
500~999人515万円
1,000~4,999人568万円
5,000人以上606万円

企業規模別の平均年収

資本金2000万円未満の株式会社では、409万円(男性493万円、女性257万円)。資本金10億円以上の株式会社では、629万円(男性731万円、女性321万円)。

企業規模別(資本金)平均給料
個人274万円
2,000万円未満409万円
2,000万円以上5,000万円未満436万円
5,000万円以上1億円未満449万円
1億円以上10億円未満490万円
10億円以上629万円
その他の法人422万円

業種別の平均給料

最も高いのは化学工業の569万円、最も低いのは農林水産・鉱業の326万円。

業界平均給料
化学工業569万円
金融保険・不動産業557万円
金属機械工業545万円
運輸通信公益事業535万円
建設業475万円
その他製造業443万円
サービス業437万円
卸小売業389万円
繊維工業353万円
農林水産・鉱業326万円

年齢別の平均給料

男性は年齢が高くなるにつれて平均給与が上がり、女性では年齢による較差は顕著ではない。

年齢男性の平均給料女性の平均給料
19歳以下183万円147万円
20歳~24歳288万円250万円
25歳~29歳394万円301万円
30歳~34歳485万円312万円
35歳~39歳580万円303万円
40歳~44歳635万円292万円
45歳~49歳676万円270万円
50歳~54歳707万円277万円
60歳以上520万円251万円

所得の種類

所得は10種類に区分。

所得税内容
利子所得預貯金や公社債の利子ならび合同運用信託、
公社債投資信託および公募公社債等運用投資信託の収益の分配に係る所得。
配当所得株主や出資者が法人から受ける配当、
投資信託および特定受益証券発行信託の収益の分配などに係る所得。
不動産所得土地や建物などの不動産、借地権など不動産の上に存する権利、
船舶や航空機の貸付けによる所得。
事業所得農業、漁業、製造業、卸売業、小売業、サービス業その他の事業から生ずる所得。
給与所得勤務先から受ける給料、賞与などの所得。
退職所得退職手当、一時恩給その他の退職により一時に受ける給与及びこれらの性質を有する給与
山林所得山林の伐採又は譲渡による所得をいう。
譲渡所得資産の譲渡による所得をいう。
一時所得利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、
山林所得及び譲渡所得以外の所得のうち、営利を目的とする継続的行為から生じた
所得以外の一時の所得で労務その他の役務又は資産の譲渡の対価としての性質を有しないものをいう。
雑所得利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、
山林所得、譲渡所得及び一時所得のいずれにも該当しない所得をいう。

参考文献

Posted by 管理者


トップページへ(【IR・就活】平均年収一覧(給与・役員の報酬)【企業研究】)