ドイツ生まれの地球に優しいバイオ・ハイテク洗剤

横河電機の株価(6841)、正社員の年収856万円、決算売上高4044億円。

現在のページは約7分で読めます。

横河電機株式会社とは

会社名横河電機株式会社
Yokogawa Electric Corporation
URLhttp://www.yokogawa.co.jp/
住所
電話番号
アクセス
(最寄り駅)
〒180-8750
東京都武蔵野市中町2-9-32
TEL (0422)52-5555

JR中央線三鷹駅(北口):徒歩7分
法人番号4012401012569
株価過去10年間の株価
市場東証一部上場(証券コード:6841)
会計監査人有限責任監査法人トーマツ

横河電機株式会社とは、東京都武蔵野市中町二丁目9番32号に本店を構える、国内大手の電気機器メーカー。

事業内容

制御事業(主要製品:お客様価値を最大化する総合的ソリューション、生産性向上のための各種ソフトウエア、生産制御システム、流量計、差圧・圧力伝送器、プロセス分析計、工業用記録計等)、計測事業(主要製品:波形測定器、光通信関連測定器、信号発生器、電力・温度・圧力測定器、共焦点スキャナ等)、航機その他事業(主要製品:航空機用計器等)を主軸に展開。

連結業績

横河電機の業績です。2016年3月期~2020年3月期の年平均成長率は-0.6%。

売上高2019年度
全市場361位
(360位:(株)ヤクルト本社、362位:(株)ココカラファイン)

経営成績

2020年3月期2019年3月期
売上高4044億3200万円4037億1100万円
営業利益355億8800万円345億9400万円
純利益146億8600万円284億4600万円
1株当たり当期純利益
(EPS)
55.02円106.54円
自己資本利益率(ROE)5.1%10.1%
総資産経常利益率(ROA)7.6%8.0%
売上高営業利益率8.8%8.6%

財政状態

2020年3月期2019年3月期
総資産4896億7800万円4701億1400万円
純資産2914億7200万円2961億5000万円
自己資本比率58.4%61.7%
1株当たり純資産額
(BPS)
1,071.07円1,085.88円

キャッシュフローの状況

2020年3月期2019年3月期
営業キャッシュフロー311億3200万円214億1000万円
投資キャッシュフロー-181億8200万円-40億8800万円
財務キャッシュフロー45億8300万円-69億8800万円

配当の状況

2020年3月期2019年3月期
年間配当金34.00円32.00円
配当金総額90億7500万円85億4200万円
配当性向61.8%30.0%
株主資本配当率(DOE)3.2%3.0%

売上構成

2020年3月期2019年3月期
制御事業3705億5000万円3647億7400万円
計測事業247億7700万円228億7000万円
航機その他事業91億500万円160億6600万円

沿革

横河電機の歴史の一部です。

年月内容
1920年12月横河 一郎・青木 晋により、東京府渋谷町に設けられていた電気計器の研究所を母体として、
㈱横河電機製作所を設立(資本金50万円)
電気計測器の研究と製造を開始
1935年6月吉祥寺工場(現在の武蔵野本社内)完成
1948年9月株式を一般に公開
1955年6月The Foxboro Company(アメリカ)と工業計器に関する技術援助契約を締結
1957年10月米国に Yokogawa Electric Works, Inc.(現Yokogawa Corporation of America)を設立
1970年4月製品の保守・点検・修理を目的として横河鹿島サービス㈱、横河京浜サービス㈱、
横河千葉 サービス㈱(現横河ソリューションサービス㈱)を設立
1974年3月シンガポールに Yokogawa Electric Singapore Pte. Ltd.
(現Yokogawa Electric Asia Pte. Ltd.)を設立
1974年7月甲府工場(現横河マニュファクチャリング㈱ 甲府工場)竣工、操業開始
1975年6月総合計装制御システム(CENTUM)を発表、発売
1982年9月オランダで Electrofact B.V.(現Yokogawa Europe B.V.)を買収
1983年4月㈱北辰電機製作所と合併し、商号を横河北辰電機㈱に変更
1986年10月商号を横河電機㈱に変更
生産拠点統合計画(分散している生産拠点を統合し、生産設備の強化と効率化を図る計画)を完了
1989年4月三鷹工業㈱と合併
1992年12月統合生産制御システム(CENTUM CS)を発表
1996年10月汎用測定器の製造・販売を目的として、横河エムアンドシー㈱(現横河計測㈱)を設立
2001年4月生産系の国内子会社5社を統合し、横河エレクトロニクス・マニファクチャリング㈱
(現 横河マニュファクチャリング㈱ )が発足
2002年10月株式交換により安藤電気㈱の株式を100%取得
2006年1月ライフサイエンス事業部の戦略拠点として金沢事業所を開設
2010年4月横河電機㈱の測定器ビジネスを横河メータ&インスツルメンツ㈱(現 横河計測㈱)に移管統合
2013年4月横河電機㈱の医療情報システムビジネスを分社し、横河医療ソリューションズ㈱を設立
国内制御事業の販売、エンジニアリング、サービス部門を事業分割し、子会社2社と統合し、横河ソリューションサービス㈱が発足
2015年9月創立100周年
2015年11月「YOKOGAWAコーポレートガバナンス・ガイドライン」制定
2016年4月KBC Advanced Technologies plc
(本社:英国 KBC Advanced Technologies Limited)を買収
2018年5月中期経営計画「Transformation 2020」を発表

従業員の情報

横河電機の平均年収、従業員数等。()内は臨時

グループ会社

2020年3月期2019年3月期
従業員18107人
(2396人)
17848人
(2293人)

横河電機

2020年3月期2019年3月期
従業員2496人2574人
平均年齢45.0歳45.0歳
平均勤続年数19.1年21.4年
平均年間給与856万1552円863万842円

関係会社

横河電機の関係会社の一部です。

2020年3月期
子会社110社
関連会社4社
制御事業横河マニュファクチャリング㈱
Yokogawa Electric Asia Pte.Ltd.
横河電機(蘇州)有限公司
横河ソリューションサービス㈱
Yokogawa Engineering Asia Pte. Ltd.
Yokogawa Europe B.V.
Yokogawa Corporation of America
Yokogawa Middle East & Africa B.S.C.(c)
横河電機(中国)有限公司
計測事業横河マニュファクチャリング㈱
横河計測㈱
Yokogawa Engineering Asia Pte. Ltd.
Yokogawa Europe B.V.
Yokogawa Corporation of America
横河測量技術(上海)有限公司
航機その他事業横河パイオニックス㈱

株式・格付け情報

横河電機の株式・格付け状況です。

2020年3月期
発行可能株式総数600,000,000株
発行済株式総数268,624,510株
株主数14,191人
最高株価2,380円
最低株価924円

所有株式数の割合(%)

2020年3月期
政府及び地方公共団体
金融機関51.72
金融商品取引業者1.83
その他の法人3.59
外国法人等(個人以外)33.42
外国法人等(個人)0.02
個人その他9.42

長期債格付け

評価
日本格付研究所(JCR)A+
格付投資情報センター(R&I)A
S&P グローバル・レーティング
フィッチ・レーティングス
ムーディーズ

大株主

2020年3月期
持株比率(%)
日本マスタートラスト信託銀行株式会社
(信託口)
14.56
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
(信託口)
6.00
第一生命保険株式会社5.88
日本生命保険相互会社5.05
みずほ信託銀行株式会社 退職給付信託 
みずほ銀行口 再信託受託者 
資産管理サービス信託銀行株式会社
4.22
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
(信託口9)
3.90
ステート ストリート バンク アンド
トラストカンパニー 505223
(常任代理人
株式会社みずほ銀行決済営業部)
2.59
ビーエヌワイエム アズ エージーテイ
クライアンツ 10 パーセント
(常任代理人 
株式会社三菱UFJ銀行)
2.28
横河電機持株会2.05
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
(信託口7)
1.95

役員構成

横河電機の役員です(男性12名、女性1名)。

役職名氏名
代表取締役会長西島 剛志
代表取締役社長奈良  寿
取締役専務執行役員 経営管理本部長穴吹 淳一
取締役 常務執行役員
デジタルエンタープライズ 事業本部長
戴   煜
取締役宇治 則孝
取締役関  誠夫
取締役菅田 史朗
取締役内田  章
常勤監査役前村 幸司
常勤監査役渡辺  肇
監査役高山 靖子
監査役大澤  真
監査役小野  傑

情報提供、雑談等