ドイツ生まれの地球に優しいバイオ・ハイテク洗剤

京セラの株価(6971)、正社員の年収715万円、決算売上高1兆5990億円。

現在のページは約7分で読めます。

京セラ株式会社とは

会社名京セラ株式会社
KYOCERA Corporation
URLhttps://www.kyocera.co.jp/
住所
電話番号
アクセス
(最寄り駅)
〒612-8501
京都府京都市伏見区竹田鳥羽殿町6
TEL: 075-604-3500

近鉄京都線 又は 地下鉄烏丸線「竹田駅」下車
北西口よりタクシーで約5分
北西口より市バスで「パルスプラザ前」下車
法人番号4130001000049
株価過去10年間の株価
市場東証一部上場(証券コード:6971)
会計監査人PwC京都監査法人

京セラ株式会社とは、京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地に本店を構える、国内大手の電気機器メーカー。

事業内容

産業・自動車用部品(各種ファインセラミック部品、自動車用部品、液晶ディスプレイ、機械工具)、半導体関連部品(セラミックパッケージ、有機多層パッケージ・ボード)、電子デバイス(各種電子部品「コンデンサ、水晶部品、コネクタ、パワー半導体等」プリンティングデバイス)、コミュニケーション(スマートフォン、携帯電話通信モジュール「車載・IoT」情報通信サービス)、ドキュメントソリューション(プリンター/複合機商業用インクジェットプリンター、ドキュメントソリューションサービス、サプライ製品)、生活・環境(太陽光発電システム関連製品、医療機器、宝飾品、セラミックナイフ)、多種多様な製品の開発・製造・販売及びサービス提供を主軸に展開。

連結業績

京セラの業績です。

売上高2019年度
全市場103位
(102位:(株)ヤマダホールディングス、104位:大東建託(株))

経営成績

2020年3月期2019年3月期
売上高1兆5990億5300万円1兆6237億1000万円
営業利益1001億9300万円948億2300万円
純利益1077億2100万円1032億1000万円
1株当たり当期純利益
(EPS)
297.36円284.94円
自己資本利益率(ROE)4.6%4.5%
資産合計税引前利益率4.8%4.6%
売上高営業利益率6.3%5.8%

財政状態

2020年3月期2019年3月期
総資産3兆2501億7500万円2兆9684億7500万円
純資産2兆4542億4200万円2兆3622億6000万円
自己資本比率74.8%76.3%
1株当たり純資産額
(BPS)
6,710.59円6,263.71円

キャッシュフローの状況

2020年3月期2019年3月期
営業キャッシュフロー2146億3000万円2200億2500万円
投資キャッシュフロー-1455億5100万円-471億2100万円
財務キャッシュフロー-1571億2600万円-890億5600万円

配当の状況

2020年3月期2019年3月期
年間配当金160.00円140.00円
配当金総額579億8900万円506億4600万円
配当性向53.8%49.1%
株主資本配当率(DOE)2.5%2.2%

売上構成

2020年3月期2019年3月期
産業・自動車用部品3410億9300万円3143億3900万円
半導体関連部品2472億2800万円2492億1700万円
電子デバイス3241億1300万円3648億2700万円
コミュニケーション2520億6200万円2520億6700万円
ドキュメントソリューション3599億1500万円3751億4700万円
生活・環境866億9100万円801億1400万円
その他167億3700万円171億9000万円
調整及び消去-287億8600万円-291億9100万円

沿革

京セラの歴史の一部です。

年月内容
1959年4月京都市中京区西ノ京原町101番地に本社及び工場を設立(資本金3百万円)
ファインセラミックスの専門メーカー「京都セラミック㈱」として発足
1960年4月東京出張所開設
1963年5月滋賀蒲生工場を建設
1969年7月鹿児島川内工場を建設
Kyocera International,Inc.を設立
1969年10月京セラ商事㈱を設立
1971年10月大阪証券取引所市場第二部(1974年2月、第一部に指定)に株式上場
1972年9月東京証券取引所市場第二部(1974年2月、第一部に指定)に株式上場
1976年2月米国で米国預託証券を発行
1980年5月ニューヨーク証券取引所に株式を上場
米国で2回目の米国預託証券を発行
1982年10月サイバネット工業㈱、㈱クレサンベール、日本キャスト㈱、㈱ニューメディカルの4社を
吸収合併し、同時に京セラ㈱へ社名変更
1984年6月第二電電企画㈱(現 KDDI㈱)を設立
1990年1月米国で3回目の米国預託証券を発行
1998年8月京都市伏見区に本社新社屋を建設
2000年2月米国Qualcomm,Inc.の携帯電話端末事業を承継
2002年4月京セラドキュメントソリューションズ㈱が京セラ㈱のプリンター事業を承継
2004年9月日本メディカルマテリアル㈱を設立
(後に京セラメディカル㈱へ社名変更、2017年4月に京セラ㈱へ吸収合併)
2008年4月三洋電機㈱の携帯電話端末事業等を承継
2018年6月ニューヨーク証券取引所 上場廃止(同年9月、米国証券取引委員会(SEC)登録廃止)
2019年5月みなとみらいリサーチセンターを設立
2020年6月昭和オプトロニクス㈱を連結子会社化

従業員の情報

京セラの平均年収、従業員数等。

グループ会社

2020年3月期2019年3月期
従業員75505人76863人

京セラ

2020年3月期2019年3月期
従業員19352人19268人
平均年齢41.4歳41.7歳
平均勤続年数17.7年17.8年
平均年間給与715万8563円723万1082円

関係会社

京セラの関係会社の一部です。

2020年3月期
連結子会社283社
持分法適用会社14社
産業・自動車用部品京セラ㈱
京セラインダストリアルツールズ㈱
Kyocera(China)Sales & Trading Corporation
Dongguan Shilong Kyocera Co.,Ltd.
Kyocera Precision Tools Korea Co.,Ltd.
半導体関連部品京セラ㈱
Kyocera(China)Sales & Trading Corporation
Shanghai Kyocera Electronics Co.,Ltd.
電子デバイス京セラ㈱
Kyocera(China)Sales & Trading Corporation
Kyocera Korea Co.,Ltd.
コミュニケーション京セラ㈱
京セラコミュニケーションシステム㈱
Kyocera International,Inc.
ドキュメント
ソリューション
京セラドキュメントソリューションズ㈱
京セラドキュメントソリューションズジャパン㈱
Kyocera Document Technology (Dongguan) Co.,Ltd.
生活・環境京セラ㈱
㈱京セラソーラーコーポレーション
Kyocera(Tianjin)Solar Energy Co.,Ltd.

株式・格付け情報

京セラの株式・格付け状況です。

2020年3月期
発行可能株式総数600,000,000株
発行済株式総数377,618,580株
株主数42,634人
最高株価7,764円
最低株価5,320円

所有株式数の割合(%)

2020年3月期
政府及び地方公共団体
金融機関39.01
金融商品取引業者2.20
その他の法人7.16
外国法人等(個人以外)34.56
外国法人等(個人)0.01
個人その他17.06

長期債格付け

評価
日本格付研究所(JCR)
格付投資情報センター(R&I)
S&P グローバル・レーティング
フィッチ・レーティングス
ムーディーズ

大株主

2020年3月期
持株比率(%)
日本マスタートラスト信託銀行 ㈱
(信託口)
15.12
日本トラスティ・サービス信託 銀行㈱
(信託口)
6.82
SSBTC CLIENT OMNIBUS ACCOUNT
(常任代理人  香港上海銀行)
4.11
㈱京都銀行3.98
稲盛  和夫2.82
公益財団法人稲盛財団2.58
ケイアイ興産㈱1.96
京セラ自社株投資会1.73
日本トラスティ・サービス信託 銀行㈱
(信託口5)
1.58
資産管理サービス信託銀行㈱
(証券投資信託口)
1.57

役員構成

京セラの役員です(男性18名、女性1名)。

役職名氏名
代表取締役 会長山口  悟郎
代表取締役 社長
執行役員社長
谷本  秀夫
取締役 執行役員専務
半導体部品
有機材料 事業本部長
触  浩
取締役 執行役員専務
電子部品 事業本部長
伊達  洋司
取締役 執行役員常務伊奈  憲彦
取締役 執行役員常務
通信機器 事業本部長
厳島  圭司
取締役 執行役員常務
関連会社統括 本部長
嘉野  浩市
取締役 執行役員常務
経営管理 本部長
青木  昭一
取締役 執行役員常務
総務人事 本部長
佐藤  隆
取締役 執行役員常務
法務知的財産 本部長
神野  純一
取締役ジョン・ サービス
ロバート・ ウィスラー
溝端  浩人
青山  敦
古家野  晶子
常勤監査役原田  斉
小山  繁
監査役坂田  均
秋山  正明

情報提供、雑談等