ドイツ生まれの地球に優しいバイオ・ハイテク洗剤

エイチ・ツー・オー リテイリングの株価(8242)、正社員の年収858万円、決算売上高8972億円。

現在のページは約6分で読めます。

エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社とは

会社名エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社
H2O RETAILING CORPORATION
URLhttp://www.h2o-retailing.co.jp/
住所
電話番号
アクセス
(最寄り駅)
〒530-0017
大阪市北区角田町8−7
TEL:06-6365-8120

梅田(Osaka Metro) 駅:徒歩約1分
大阪梅田(阪神線) 駅:徒歩約3分
東梅田駅:徒歩約3分
大阪梅田(阪急線) 駅:徒歩約4分
法人番号1120001059683
株価過去10年間の株価
市場東証一部上場(証券コード:8242)
会計監査人有限責任 あずさ監査法人

エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社とは、大阪市北区角田町8番7号に本店を構える、持株会社。

事業内容

百貨店事業、食品事業、不動産事業、その他事業を主軸に展開。

連結業績

エイチ・ツー・オー リテイリングの業績です。2016年3月期~2020年3月期の年平均成長率は-0.5%。

経営成績

2020年3月期2019年3月期
売上高8972億8900万円9268億7200万円
営業利益111億7100万円204億2200万円
純利益-131億5000万円21億6200万円
1株当たり当期純利益
(EPS)
-106.38円17.50円
自己資本利益率(ROE)-5.0%0.8%
総資産経常利益率(ROA)1.9%3.2%
売上高営業利益率1.2%2.2%

財政状態

2020年3月期2019年3月期
総資産5869億400万円6633億3500万円
純資産2446億3400万円2796億300万円
自己資本比率41.5%42.0%
1株当たり純資産額
(BPS)
1,967.90円2,252.28円

キャッシュフローの状況

2020年3月期2019年3月期
営業キャッシュフロー100億3900万円153億9200万円
投資キャッシュフロー-226億1900万円-366億8200万円
財務キャッシュフロー-164億4000万円95億8100万円

配当の状況

2020年3月期2019年3月期
年間配当金40.00円40.00円
配当金総額49億4400万円49億4300万円
配当性向228.5%
株主資本配当率(DOE)1.9%1.8%

売上構成

2020年3月期2019年3月期
百貨店事業4732億2500万円4946億800万円
食品事業3541億1500万円3675億8000万円
不動産事業87億2500万円87億3600万円
その他事業612億2200万円559億4800万円

沿革

エイチ・ツー・オー リテイリングの歴史の一部です。

年月内容
1929年4月阪神急行電鉄㈱(現阪急阪神ホールディングス㈱)の百貨店部門が大阪梅田で開業
1936年4月神戸支店(三宮阪急)開業
1939年11月植田奈良漬製造㈱(阪急食品工業㈱)設立
1947年3月京阪神急行電鉄㈱(現阪急阪神ホールディングス㈱)の百貨店部門が分離独立し、
㈱阪急百貨店を設立
1947年4月㈱阪急百貨店が開業
1949年5月㈱阪急百貨店が大阪証券取引所市場第一部上場
1952年8月阪急物産㈱と阪急共栄製薬㈱とが合併し、
阪急共栄物産㈱設立
1953年11月東京大井店(大井阪急)開業
1956年5月数寄屋橋阪急開業
1960年10月㈱阪急オアシス設立
1962年9月㈱阪急百貨店が東京証券取引所市場第一部上場
1970年3月千里阪急開業
1976年10月四条河原町阪急開業
1982年10月阪急イングス(阪急百貨店イングス館)開業
1989年4月川西阪急開業
1992年10月神戸阪急開業㈱
エイチディ開発(現㈱阪急商業開発)設立
1993年4月宝塚阪急開業
1995年1月三宮阪急閉店(阪神・淡路大震災のため)
2000年3月都筑阪急開業
2004年10月モザイク銀座阪急開業(数寄屋橋阪急をショッピングセンターに業態変換) 
2006年6月阪急食品工業㈱が、会社分割により㈱阪急フーズ他2社に事業を移管 
2007年10月株式交換により㈱阪神百貨店を子会社化し、経営統合
エイチ・ツー・オー リテイリング㈱へ社名変更し持株会社体制へ移行
会社分割により㈱阪急百貨店を新設
㈱大井開発設立
2009年10月あまがさき阪神開業
2012年8月モザイク銀座阪急退店に伴い閉館
2012年11月阪急うめだ本店の建て替え工事が完了し、グランドオープンスポーツ用品、
ベビー・子供服売場の阪急うめだ本店への移設に伴い、阪急百貨店イングス館閉店
2014年6月株式交換によりイズミヤ㈱を子会社化し、経営統合
2016年7月旧イズミヤ㈱が、会社分割により新イズミヤ㈱に事業を移管し、
㈱エイチ・ツー・オー アセットマネジメントへ商号変更
2017年10月㈱そごう・西武よりそごう神戸店及び西武高槻店を承継
2019年8月㈱エキ・リテール・サービス阪急阪神よりアズナス事業を承継
2019年12月洛北阪急スクエア開業
2020年2月㈱家族亭及び㈱サンローリーの全株式を株式交換により譲渡

従業員の情報

エイチ・ツー・オー リテイリングの平均年収、従業員数等。()内は臨時

グループ会社

2020年3月期2019年3月期
従業員9570人
(15291人)
8793人
(16628人)

エイチ・ツー・オー リテイリング

2020年3月期2019年3月期
従業員92人
(14人)
82人
(13人)
平均年齢47.8歳46.3歳
平均勤続年数21.3年21.1年
平均年間給与858万8000円858万2000円

関係会社

エイチ・ツー・オー リテイリングの関係会社の一部です。

2020年3月期
子会社55社
関連会社7社
百貨店事業㈱阪急阪神百貨店
食品事業㈱阪急オアシス
イズミヤ㈱
カナート㈱
㈱阪急フーズ
㈱阪急デリカアイ
㈱阪急ベーカリー
不動産事業㈱エイチ・ツー・オー アセットマネジメント
㈱阪急商業開発
㈱カンソー
㈱阪急メンテナンスサービス
その他事業㈱大井開発
㈱阪急建装
㈱ハートダイニング
㈱阪急阪神百貨店友の会
㈱阪急キッチンエール関西
㈱エブリデイ・ドット・コム
㈱阪急ホームスタイリング
エフ・ジー・ジェイ㈱
阪急百貨店ユニフォーム㈱
㈱阪急ハロードッグ
㈱阪急ウェディング
㈱阪急クオリティーサポート
㈱阪急アクトフォー
㈱ペルソナ
ジェイアール東日本商業開発㈱
蘇州泉屋百貨有限公司
㈱阪急ジョブ・エール

株式・格付け情報

エイチ・ツー・オー リテイリングの株式・格付け状況です。

2020年3月期
発行可能株式総数150,000,000株
発行済株式総数125,201,396株
株主数40,009人
最高株価1,572円
最低株価660円

所有株式数の割合(%)

2020年3月期
政府及び地方公共団体0.04
金融機関25.34
金融商品取引業者0.82
その他の法人32.90
外国法人等(個人以外)14.94
外国法人等(個人)0.01
個人その他25.96

長期債格付け

評価
日本格付研究所(JCR)
格付投資情報センター(R&I)A-
S&P グローバル・レーティング
フィッチ・レーティングス
ムーディーズ

大株主

2020年3月期
持株比率(%)
阪神電気鉄道㈱11.9
阪急阪神ホールディングス㈱8.4
日本マスタートラスト信託銀行㈱
(信託口)
5.9
㈱髙島屋5.1
日本トラスティ・サービス信託銀行㈱
(信託口)
4.3
日本トラスティ・サービス信託銀行㈱
(信託口9)
2.9
イズミヤ共和会2.2
日本トラスティ・サービス信託銀行㈱
(信託口5)
1.5
H2Oリテイリンググループ従業員持株会1.3
DFA INTL SMALL CAP VALUE PORTFOLIO
(常任代理人 
シティバンク、エヌ・ エイ 東京支店)
1.1

役員構成

エイチ・ツー・オー リテイリングの役員です(男性8名、女性2名)。

役職名氏名
取締役会長 取締役会議長
海外事業推進室担当
鈴 木   篤
代表取締役社長 IT推進室担当荒 木 直 也
代表取締役副社長 食品事業、
総務人事室担当
林   克 弘
代表取締役 百貨店事業担当山 口 俊 比 古
取締役角    和 夫
取締役 常勤監査等委員小 西 敏 允
取締役 監査等委員番   尚 志
取締役 監査等委員中野 健二郎
取締役 監査等委員石 原 真 弓
取締役 監査等委員関 口 暢 子

情報提供、雑談等