ドイツ生まれの地球に優しいバイオ・ハイテク洗剤

ベネッセホールディングスの株価(9783)、正社員の年収939万円、決算売上高4485億円。

現在のページは約7分で読めます。

株式会社ベネッセホールディングスとは

会社名株式会社ベネッセホールディングス
Benesse Holdings, Inc.
URLhttps://www.benesse-hd.co.jp/ja/
住所
電話番号
アクセス
(最寄り駅)
〒700-0807
岡山県岡山市北区南方3-7-17
TEL : 086-225-1165

JR岡山駅下車:徒歩約20分
法人番号6260001006015
株価過去10年間の株価
市場東証一部上場(証券コード:9783)
会計監査人有限責任監査法人 トーマツ

株式会社ベネッセホールディングスとは、岡山市北区南方三丁目7番17号に本店を構える、持株会社。

事業内容

国内教育(「進研ゼミ」、「Worldwide Kids」等の英語事業、学習塾・予備校事業、子ども向け英語教室事業、「進研模試」、学習・進路指導教材「スタディーサポート」「進路マップ」、英語能力テスト「GTEC(ジーテック)」、小・中学校のICT(情報通信技術)教育支援サービス等)、グローバルこどもちゃれんじ(幼児向け通信教育講座「こどもちゃれんじ」「こどもちゃれんじEnglish」等)、介護・保育事業、ベルリッツ(語学教育事業、グローバル人材育成事業、ELS事業「留学支援事業」等)、その他事業(妊娠・出産・育児雑誌「たまごクラブ」「ひよこクラブ」、生活情報誌「サンキュ!」、直販雑誌「いぬのきもち」「ねこのきもち」の刊行、「たまひよSHOP」「たまひよの内祝」等の通信販売事業、「ウィメンズパーク」の運営等)を主軸に展開。

連結業績

ベネッセホールディングスの業績。2016年3月期~2020年3月期の年平均成長率は0.2%。

経営成績

2020年3月期2019年3月期
売上高4485億7700万円4394億3100万円
営業利益212億6600万円162億4500万円
純利益62億8900万円49億200万円
1株当たり当期純利益
(EPS)
65.28円50.89円
自己資本利益率(ROE)3.7%2.9%
総資産経常利益率(ROA)3.3%2.4%
売上高営業利益率4.7%3.7%

財政状態

2020年3月期2019年3月期
総資産5174億2500万円5046億8200万円
純資産1753億3900万円1750億9900万円
自己資本比率32.7%33.6%
1株当たり純資産額
(BPS)
1,754.31円1,758.36円

キャッシュフローの状況

2020年3月期2019年3月期
営業キャッシュフロー419億7800万円139億4800万円
投資キャッシュフロー14億2500万円-304億9000万円
財務キャッシュフロー-126億6100万円-100億8400万円

配当の状況

2020年3月期2019年3月期
年間配当金50.00円50.00円
配当金総額48億1700万円48億1600万円
配当性向76.6%98.2%
株主資本配当率(DOE)2.8%2.8%

売上構成

2020年3月期2019年3月期
国内教育事業2003億9300万円1920億6400万円
グローバルこどもちゃれんじ事業565億5500万円564億4300万円
介護・保育事業1228億6800万円1169億9900万円
ベルリッツ事業450億2000万円492億7500万円
その他237億3900万円246億4700万円

沿革

ベネッセホールディングスの歴史の一部。

年月内容
1955年1月㈱福武書店を設立(岡山市南方420番地)
中学校関係の図書、生徒手帳の発行を開始
1962年4月関西進学研究会を設置し、高校生を対象とした「関西模試」を開始
1969年1月高校生のための通信添削講座「通信教育セミナ」を開講
1969年3月東京支社を設置し、東日本地区において「進研模試」の名称で模擬試験を実施
1971年8月本社を岡山市番町一丁目10番23号に移転
1972年12月中学生のための通信添削講座「通信教育セミナ・ジュニア」を開講
1973年4月通信添削講座の名称を「進研ゼミ」に変更
1980年9月進研ゼミ「小学講座」を開講
1987年4月㈱福武書店(旧商号タバイサイエンス㈱)と合併
1988年4月進研ゼミ「幼児講座」(現「こどもちゃれんじ」)を開講
1990年8月本社を岡山市北区南方三丁目7番17号に新築移転
1990年9月新CI「Benesse(ベネッセ)」導入
1993年2月語学事業においてBerlitz(ベルリッツ) International, Inc.(米国)
(現Berlitz Corporation)との提携を行うため同社を買収
1994年2月2~3歳児向け進研ゼミ「おやこ講座」(現「こどもちゃれんじ」)開講
1994年3月東京支社を東京都多摩市に新築移転
1995年4月商号を「株式会社ベネッセコーポレーション」に変更
1995年10月大阪証券取引所市場第二部及び広島証券取引所へ上場
1997年9月大阪証券取引所市場第一部に指定
2000年3月東京証券取引所市場第一部へ上場
2001年7月Berlitz International, Inc.(米国)
(現Berlitz Corporation)の議決権を有する株式を全て取得
2003年12月㈱ベネッセスタイルケアを設立
2007年6月教育事業において㈱東京個別指導学院との業務提携を行うため同社の株式を取得
2007年8月倍楽生商貿(中国)有限公司を設立
2009年10月持株会社体制へ移行(㈱ベネッセコーポレーションを新設分割の方法により設立し、
株式会社ベネッセコーポレーションの事業を承継)し、
商号を「株式会社ベネッセホールディングス」に変更
2012年3月教室事業の展開を進めるため、㈱アップを連結子会社化
2014年6月個人情報漏えい事故発生
2015年1月情報システムの保守、運用事業及び情報処理サービス事業を行う
㈱ベネッセインフォシェルを設立

従業員の情報

ベネッセホールディングスの平均年収、従業員数等。()内は臨時

グループ会社

2020年3月期2019年3月期
従業員20673人
(1035人)
20426人
(1107人)

ベネッセホールディングス

2020年3月期2019年3月期
従業員27人
(6人)
29人
(6人)
平均年齢43.3歳41.2歳
平均勤続年数10.8年11.0年
平均年間給与939万5000円945万6000円

関係会社

ベネッセホールディングスの関係会社の一部。

2020年3月期
子会社37社
関連会社9社
国内教育事業㈱ベネッセコーポレーション
Classi㈱
㈱EDUCOM
㈱プランディット
㈱ラーンズ
㈱東京個別指導学院
㈱アップ
㈱東京教育研
㈱お茶の水ゼミナール
㈱ベネッセビースタジオ
㈱進研アド
㈱ベネッセi-キャリア
グローバルこどもちゃれんじ事業㈱ベネッセコーポレーション
倍楽生商貿(中国)有限公司
PT. Benesse Indonesia
介護・保育事業㈱ベネッセスタイルケア
㈱ベネッセMCM
㈱ベネッセパレット
㈱ベネッセシニアサポート
ベルリッツ事業Berlitz Corporation
その他㈱ベネッセコーポレーション
㈱ベネッセインフォシェル
㈱直島文化村
㈱ベネッセビジネスメイト
㈱ベネッセ・ベースコム
Benesse Hong Kong Co., Ltd.
㈱ジップ

株式・格付け情報

ベネッセホールディングスの株式・格付け状況。

2020年3月期
発行可能株式総数405,282,040株
発行済株式総数102,513,199株
株主数41,566人
最高株価3,255円
最低株価2,134円

所有株式数の割合(%)

2020年3月期
政府及び地方公共団体
金融機関26.55
金融商品取引業者0.94
その他の法人12.70
外国法人等(個人以外)37.31
外国法人等(個人)0.00
個人その他22.47

長期債格付け

評価
日本格付研究所(JCR)A+
格付投資情報センター(R&I)
S&P グローバル・レーティング
フィッチ・レーティングス
ムーディーズ

大株主

2020年3月期
持株比率(%)
日本マスタートラスト信託銀行㈱12.04
日本トラスティ・サービス信託銀行㈱9.04
efu Investment Limited
(常任代理人 下妻 道郎)
8.15
(公財)福武財団8.05
㈱中国銀行2.89
JP MORGAN CHASE BANK 385632
(常任代理人 ㈱みずほ銀行)
2.49
(公財)福武教育文化振興財団1.99
㈱南方ホールディングス1.90
みずほ信託銀行㈱ 退職給付信託 中国銀行口1.66
SSBTC CLIENT OMNIBUS ACCOUNT
(常任代理人 香港上海銀行)
1.58

役員構成

ベネッセホールディングスの役員(男性12名、女性2名)。

役職名氏名
代表取締役社長CEO安 達  保
代表取締役副社長COO小 林  仁
取締役上席執行役員滝 山 真 也
取締役上席執行役員山 﨑 昌 樹
取締役上席執行役員岡 田 晴 奈
取締役井 原 勝 美
取締役福 武 英 明
取締役安 田 隆 二
取締役岩 井 睦 雄
取締役岩 瀬 大 輔
常勤監査役松 本 芳 範
常勤監査役齋 藤 直 人
監査役出 雲 栄 一
監査役石 黒 美 幸

株式会社ベネッセホールディングス(参考文献)

株式会社ベネッセホールディングス(参考文献)

情報提供、雑談等