植え替え・株分け

サラセニアの植え替え6食虫植物品種
現在のページは約2分で読めます。


食虫植物を長年栽培する上で植え替えや株分けは必須になってきます。この植え替えを怠ると今後の成長に支障をきたすので適切な時期に必ず行います。

植え替え時の注意ですが、ネペンテスとハエトリソウは根が柔らかく脆いので、力を入れすぎて根が取れないよう気を付けます。

サラセニアは前者と比べて根が固く丈夫なので神経質になる必要はないです。

植え替え時に子株ができていたら株分けも行って問題ないです。ただし、小さい株だったり、かなり力を入れないと株が取れない場合は来年まで控えたほうがいいでしょう。

植え替え時に使用する用土は、乾燥水苔、生水苔、混合用土と色々ありますが、ご自身が使いやすい用土を選びましょう。

ハエトリソウの植え替え

ハエトリソウを植え替える際の鉢はスリット鉢(プラ鉢)、朱温鉢(駄音鉢等)のどちらでも構いません。

ハエトリソウの植え替え7
(1)株を取り出した状態。
ハエトリソウの植え替え8
(2)手の平に生水苔を置き、その上にハエトリソウを置きます。
ハエトリソウの植え替え9
(3)上から生水苔をかぶせます。あとは、鉢が収まるぐらいまでの水苔を周りに巻いていきます。
ハエトリソウの植え替え10
植え替え完了。鉢底からたっぷり水が流れるまで水やりをし、数週間は高湿度&半日蔭で管理。

サラセニアの植え替え

サラセニアは根が長いので深鉢を使うかやや大きめの普通鉢を用います。

サラセニアの植え替え1
(1)準備
サラセニアの植え替え2
(2)鉢から古い用土を取り除いた状態です。
サラセニアの植え替え3
(3)鉢の底に用土を少し詰めます。

サラセニアの植え替え4
(4)株を中央に置き、周りに用土を8~9割入れていきます。
サラセニアの植え替え5
(5)植え替え完了です。あとは鉢底から水が流れるまでたっぷり水やりをし、以後数週間は高湿度&半日蔭で管理します。
直射日光には当てないよう注意。
サラセニアの植え替え6
植え替え10日目です。新しい葉が展開し始めたので通常の栽培環境に戻して問題ありません。

情報提供、雑談等