1. 食虫植物のページ
  2. ハエトリソウ

ハエトリソウ

学名 別名 自生地 栽培難易度 耐暑性 耐寒性
Dionaea muscipula ハエトリソウ、ハエトリグサ 北アメリカ ★★★☆☆ 冬は休眠

ハエトリソウ解説

北アメリカに自生してるトラップ式の食虫植物。全食虫植物の中で唯一リアルタイムで動くので、トップクラスの人気があるといっても過言ではないでしょう。

捕虫葉の中にトゲが数本あり、2回触れると凄まじい速さで葉が閉じ、虫を消化する仕組みになってます。この葉を閉じる行為は相当体力を消耗する行為で、人為的に何度もいじってしまうと枯れてしまうので触りすぎには注意(笑)

バリエーションは基本タイプ(緑)、赤系(京都レッド、赤い龍、ロイヤルレッド等)と実に多様。種類が多すぎて業者が勝手に名前を付けた訳の分からない品種も混ざってるようですw基本的に赤系は基本タイプに比べて栽培が難しい。

ハエトリソウの育て方

年中屋外で越水栽培可能。よく日光に当てるのがポイント。ただ、最近の真夏は暑すぎるので30%程度遮光したほうが安全かもしれない。

真冬は枯れてるように見えますがちゃんと生きてるので、水を切らさないようよく日の当たる所に置いておくと、春先に補虫葉が出てきます。

ハエトリソウ画像(京都レッド)

ハエトリソウ 京都レッド1 ハエトリソウ 京都レッド2






あなたは当サイトを訪れた累計累計のPV人目の訪問者です。